« 丸山・高見石・白駒池で出逢ったキノコ | トップページ | 船橋県民の森で出逢ったキノコ »

ムラサキヤマドリタケ入り雑煮

Dsc09027 2008年7月20日(日) 本日の夕飯のメニューは雑煮です。真夏の夜の雑煮など暑苦しくてぞっとしませんが、小宅では季節に関係なく、冷蔵庫整理デーと称してよく登場します。具材は、お正月の残りのサトウの切り餅、冷蔵庫にある残り野菜何でも、賞味期限ぎりぎり(と家人は言うが実際は切れてるかも)の宮崎産(と大蔵卿の局はおっしゃるがブラジル産?)鶏肉など、かなり省コストを意図したラインナップです。このところの食料品の価格高騰で年金暮らしの家計が圧迫されつつあるのは理解できますが、毎日の献立の内容が食材価格の上昇以上に急落している感じもします。まあ、作ってもらえるだけでも幸せと思い直し、とっておきのムラサキヤマドリタケを加えると、野趣豊かなお雑煮が出来上がりました。

|

« 丸山・高見石・白駒池で出逢ったキノコ | トップページ | 船橋県民の森で出逢ったキノコ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 丸山・高見石・白駒池で出逢ったキノコ | トップページ | 船橋県民の森で出逢ったキノコ »