« 松島・福浦島で出逢った木の子 | トップページ | 岩木山で出逢った木の子 »

津軽国新一宮 岩木山神社

Dsc09512 2008年8月11日(月) 15:01岩木山神社前でバスを降りる。岩木山に登る前に参詣し、今回の山行の無事を祈願する。岩木山神社は、全国一の宮会(事務局:大和国一宮・大神神社内)が新たに一宮として認定した「新一宮」のひとつ、創建は宝亀十一年(780)、祭神は顕国魂神(うつしくにたまのかみ)、多都比姫神(たつひひめのかみ)、大山祇神(おおやまづみのかみ)、宇賀能売神(うがのめのかみ)、坂上刈田麿命(さかのうえかりたまろのみこと)の五柱。御神体は背後に雄大な姿で聳える岩木山である。社殿は総て重厚な造りであり、本殿(1694年建立)、奥門(〃)、瑞垣(〃)、中門(〃)、拝殿(1603年建立)は国の重要文化財に指定されている。お参りしてから拝殿の左側に回り、山頂まで続く道程6㎞、高低差1400mの奥宮登拝道(百沢登山道)に進む。

|

« 松島・福浦島で出逢った木の子 | トップページ | 岩木山で出逢った木の子 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 松島・福浦島で出逢った木の子 | トップページ | 岩木山で出逢った木の子 »