« 定点観察・富士浅間神社(柏市) | トップページ | おわら風の盆 »

定点観察・向小金ふるさとの森(流山市)

Dsc000292008年8月30日(土)13:45~14:45 午後又も雲行き怪しくなる。連日各地でゲリラ豪雨が発生し、山へも海へも行けない日が続く。雨の降る前に近所の森へ散策に出かける。湿地帯に近い土手の上にランの群生地があり、ちょうど今が花盛りである。ネットで調べると、多年生の腐生植物でラン科シュンラン属のマヤラン(摩耶蘭)のようである。何とか写真に収めてからキノコ観察、①アカキツネガサ(小型)、②アセタケ属?、③アマタケ、④オニタケ(小型)、⑤キッコウアワタケ、⑥クサイロハツ、⑦クリカワヤシャイグチ、⑧コウジタケ、⑨シロヒメアンズタケ(仮称)?、⑩スミゾメヤマイグチ、⑪タマゴテングタケモドキ?、⑫ツルタケ、⑬ドクカラカサタケ、⑭ナカグロモリノカサ、⑮ノウタケ、⑯ヒビワレシロハツ、⑰ボタンイボタケの17種類を見つける。連日の雨で、森の中ではアマタケをはじめモリノカレバタケ属の仲間が爆発している。(写真はクリカワヤシャイグチ)    

|

« 定点観察・富士浅間神社(柏市) | トップページ | おわら風の盆 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 定点観察・富士浅間神社(柏市) | トップページ | おわら風の盆 »