« 函館・大沼公園・有珠山 | トップページ | ニセコアンヌプリ・五色温泉・神仙沼 »

イチイ(櫟)の実

Dsc02475 2008年9月18日(木) オンコ、アララギとも呼ばれ深山に自生する常緑の針葉樹。本州では標高1,000m以上の山に生えますが北海道では低地にも普通に生えています(もっとも、本州でも公園や庭に植えられているのをよく見かけます)。写真は北海道の大沼公園の湖畔で見つけたオンコの実、赤熟した仮種皮はとろりと甘く食べられます。仮種皮の先端に穴が開いており、中にぬるぬるの黒い種子が入っていますが、この種子は有毒なアルカロイドを含み食べられません。 

|

« 函館・大沼公園・有珠山 | トップページ | ニセコアンヌプリ・五色温泉・神仙沼 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 函館・大沼公園・有珠山 | トップページ | ニセコアンヌプリ・五色温泉・神仙沼 »