« 電動ハイブリッド自転車 | トップページ | 初秋の味覚・クリ御飯 »

豊饒の森よいつまでも

Dsc001302008年9月4日(木) 柏市増尾城址公園。今年はヤマドリタケモドキやムラサキヤマドリタケの当たり年のようです。梅雨明け後の7月中旬にも一度沢山発生しましたが、8月下旬の長雨で条件が再び揃ったらしく、傘径20㎝を超える大物がいたるところに生えています。シュタインピルツ(セップ、ポルチーニ)好きのドイツ人(フランス人、イタリア人)が見たら泣いて喜ぶ光景ですが、公園に生えるキノコなど日本では誰にも見向きもされないようです。中には邪魔だとばかり蹴とばされているものもあります。まことに勿体無く、天地の恵みを有り難く頂戴してきました。傘裏が白い幼菌はスライスして天日乾燥してから干しきのこ保存缶に、傘裏が少し黄色くなったものはカットして塩水に浸け虫出し、その後下茹でして冷凍庫に保存しました。前者は炊き込みご飯に、後者は鍋物か雑炊に利用する積りです。

|

« 電動ハイブリッド自転車 | トップページ | 初秋の味覚・クリ御飯 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 電動ハイブリッド自転車 | トップページ | 初秋の味覚・クリ御飯 »