« クルミ拾い | トップページ | 定点観察・根木内歴史公園(松戸市) »

カヤタケの天麩羅

081005dsc01984 2008年10月15日(水) 先日三ツ峠山で採取してきたカヤタケを天麩羅にしてもらいました。今日のお昼は野菜や茸の天麩羅付きザルソバ、いわゆる天ザルです。冷蔵庫に保管していたとはいえ10日も経っているので、食べられるかどうか心配しましたが、意外にしっかりしたキノコで形も匂いも採取した時点と余り変わりません。特別美味しいという訳でもありませんが、そこは珍しい旬のもの、山の恵みに感謝しつつ戴きました。カヤタケはキシメジ科カヤタケ属のきのこ、同じカヤタケ属で姿形の似ているドクササコ(ヤブシメジ)は強毒なので、同定に自信のない時は食べてはいけません。ドクササコを誤食すると数日後に手足の先に激痛が起こり、その痛みが一ヶ月以上続くそうです。初めて食べるキノコなので、今回は自分ひとりの毒見です。4、5日様子をみないと判りませんが、32時間経過した現時点では大丈夫であります。(→10月19日18:00、現在のところ体に異常はありません。どうやらカヤタケのようです。)

|

« クルミ拾い | トップページ | 定点観察・根木内歴史公園(松戸市) »

コメント

毎回種類の違うキノコを採取してきては それを毒味する・・・知識の豊富さには畏敬の念を憶えます 今回もクリアして良かったですね!

投稿: | 2008年10月19日 (日) 23:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« クルミ拾い | トップページ | 定点観察・根木内歴史公園(松戸市) »