« 梅ヶ瀬渓谷 | トップページ | イチジクの姿煮 »

千光山清澄寺(能満虚空蔵尊)

2008年11月27日(木) 昨日は清澄寺に行き損なってしまったが、7年近く前に家族でお参りしているので、当日の日記をひもとき記事を作成する。

Dsc03946 2002年1月20日(日) 千光山清澄寺(日蓮宗)

御本尊:十界曼荼羅

所在地:千葉県鴨川市清澄322-1

妻と娘と3人で房総ドライブ旅行の途次、今年が日蓮上人開宗750年という清澄寺にお参りする。なんといっても境内に聳える樹齢千年の巨スギが目を引く。本堂にお参りしご朱印帳に記帳してもらう。ついでに本堂の左側から登っていく参道を辿り、妙見堂が建つ清澄山(妙見山)に登る。山頂からは重畳する房総の山並が見渡せる。

略縁起:宝亀二年(771)不思議法師開山、虚空蔵菩薩を祀り山岳霊場となる。承和三年(836)慈覚大師円仁が訪れ天台宗となる。建長五年(1253)日蓮聖人が初唱目・立教開宗する。元和四年(1618)徳川秀忠命により真言宗に改宗する。昭和24年(1949)岩村義運上人が日蓮宗に改宗し現在に至る。なお、千年杉(高さ47m、幹周り14m)は国指定天然記念物、中門、旭森経塚遺物、石造宝筺印塔、石幡、梵鐘は千葉県指定有形文化財である。

|

« 梅ヶ瀬渓谷 | トップページ | イチジクの姿煮 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 梅ヶ瀬渓谷 | トップページ | イチジクの姿煮 »