« 定点観察・手賀の丘公園(柏市) | トップページ | マハゼの天麩羅 »

アラゲキクラゲのアルビノ?

Dsc033192008年11月5日(水) 市内の某公園で純白のアラゲキクラゲが発生しているのを見つける。遠くから見た時は、いつもトキイロヒラタケが出る木(ノダフジ)なのでその白色型かと思ったが、近づいて裏面を見るとひだがない。普通(褐色型)のアラゲキクラゲも混生しており、どうやら突然変異によるアルビノらしい。ネットで調べても殆ど記載がなく、珍菌・希菌と思われる。アラゲキクラゲは栽培品が市場に出回っているが質感がいまいち、アルビノを種にして純白のアラゲキクラゲを栽培できれば市場価値も向上するかと思われる。(11月8日、標本を採集し千葉県立中央博物館(千葉菌類談話会事務局)に届ける)

|

« 定点観察・手賀の丘公園(柏市) | トップページ | マハゼの天麩羅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 定点観察・手賀の丘公園(柏市) | トップページ | マハゼの天麩羅 »