« 霊巌山圓蔵寺(福満虚空蔵尊) | トップページ | 塔のへつり・大内宿 »

瑠璃光山勝常寺

Dsc03510 2008年11月9日(日) 会津三十三観音第十番札所 瑠璃光山勝常寺(真言宗)

御本尊:薬師如来坐像(国宝)・十一面観音立像(重文)

所在地:福島県河沼郡湯川村大字勝常字代舞1764

御詠歌:いくたびもあゆみをはこぶしょうじょうじ うまれあいづのなかのみほとけ

略縁起:勝常寺は大同二年(802)に法相宗の僧徳一大師が開いたとされる古刹である。徳一が会津に開いた5箇所ある薬師堂の一つとされ、寺内には薬師如来坐像、日光菩薩立像(左脇侍)、月光菩薩立像(右脇侍)(以上3体国宝)、聖観音立像、天部立像(伝虚空蔵菩薩)、十一面観音立像、地蔵菩薩立像(延命地蔵)、地蔵菩薩立像(雨降り地蔵)、多聞天立像、持国天立像、増長天立像(以上8体重文)の11体もの国宝、重要文化財に指定された仏像が残る。いずれも平安前期にあたる9世紀~10世紀初め頃の像と見られ、当時の栄華を偲ばせる。なかでも室町時代初期に建立された薬師堂に安置される薬師如来坐像と、収蔵庫の日光・月光菩薩立像は、会津地方のみならず東北地方を代表する傑作として名高い。13世紀後半に衰微していたところを京都仁和寺から下向した玄海僧都が中興。その後16世紀半ばの廃絶の危機には、同じく仁和寺の覚成法印が下向し法灯を継いだ。勝常寺の伽藍は天正十七年(1589)の兵乱で焼失したが、唯一薬師堂だけが戦火を免れ今日に至っている。

|

« 霊巌山圓蔵寺(福満虚空蔵尊) | トップページ | 塔のへつり・大内宿 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 霊巌山圓蔵寺(福満虚空蔵尊) | トップページ | 塔のへつり・大内宿 »