« アラゲキクラゲのアルビノ? | トップページ | 会津ころり三観音詣で »

マハゼの天麩羅

Dsc03412 2008年11月6日(木) 釣りためておいたハゼを開いて天麩羅を作ってもらう。天麩羅にして食べると美味しい魚は数々あるが、個人的にはマハゼが一番、泡の出る黄金色の飲み物との相性もまた絶妙である。餌代やガソリン代を考慮すると一尾400円ほどにつき、家人の厭味に耐えねばならないのが玉に瑕であるが・・・。晩秋になると奥松島の魚屋の店頭に、関東ではめったにお目にかかれない20㎝超のジャンボ活きハゼが並ぶ。一尾が200円程度で売られている筈、仙台で暮らせば立派なハゼが容易に手に入り、こんな苦労をせずに済むのであるが・・・、ふるさとに帰ろうかな。

|

« アラゲキクラゲのアルビノ? | トップページ | 会津ころり三観音詣で »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アラゲキクラゲのアルビノ? | トップページ | 会津ころり三観音詣で »