« 金塔山恵隆寺(立木観音) | トップページ | 霊巌山圓蔵寺(福満虚空蔵尊) »

普門山弘安寺(中田観音)

Dsc03502 2008年11月9日(日) 会津ころり三観音の三、会津三十三観音第三十番札所 普門山弘安寺(曹洞宗)

御本尊:十一面観世音菩薩立像(国指定重文)

所在地:福島県会津美里町米田字堂ノ後甲147

御詠歌:めぐりきてよものちさとをながむれば これぞあいづのなかだなるらん

略縁起:文永十一年(1274)長者江川常俊が娘の菩提を弔うために十一面観世音菩薩を鋳造し愛娘の心が宿るここ中田の里に納めたといわれる。次いで弘安二年(1279)富塚伊賀守盛勝公が伽藍を造営し普門山円通閣と称した。その後、普門山弘安寺と改名され、観音堂におさめられて現在に至る。なお、弘安寺は野口英世の母・シカが月参りして息子の無事を祈願し続けたことでも知られる。

|

« 金塔山恵隆寺(立木観音) | トップページ | 霊巌山圓蔵寺(福満虚空蔵尊) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 金塔山恵隆寺(立木観音) | トップページ | 霊巌山圓蔵寺(福満虚空蔵尊) »