« 干し芋作り | トップページ | 定点観察・増尾城址公園(柏市) »

村松山日高寺(大満虚空蔵尊)

2008年12月3日(水) 今日はDsc04090日本三大虚空蔵尊の一つ、茨城県東海村にある大満虚空蔵尊(村松山日高寺)へお参りに行く。 最も、ネットで調べると、虚空蔵菩薩を御本尊とし日本三大虚空蔵尊を名乗るお寺は全国に10箇所余ある。北から順に並べると、①青森県南郷村の福一満虚空蔵尊、②宮城県津山町の福智満虚空蔵尊(柳津山宝性院)、③福島県柳津町の福満虚空蔵尊(霊巌山圓蔵寺)、④新潟県朝日村の大満虚空蔵尊、⑤千葉県天津小湊町の能満虚空蔵尊(千光山清澄寺)、⑥静岡県焼津市の福偉智満虚空蔵尊(當目山香集寺)、⑦岐阜県大垣市の美濃赤坂虚空蔵尊(金生山明星輪寺)、⑧三重県伊勢市の徳一満虚空蔵尊(朝熊山金剛證寺)、 ⑨京都市嵯峨嵐山の虚空Dsc04105蔵菩薩(法輪寺)、⑩山口県柳井市の柳井津虚空蔵尊(柳井山湘江庵虚空蔵堂)である。9:00出発、国道6号線を北上し、12:05村松山虚空蔵尊の駐車場に着く。駐車場は狭くせいぜい10台程度しか入らない。本殿にお参りしてから本坊へご朱印をもらい受けに行くと窓口に誰もいない。今日は三重塔建立十周年の法要が行われており、皆そちらに出払っているらしい。待つこと暫し、ようやく納経印を頂く。御本尊の虚空蔵菩薩は秘仏であり、現在は奥の院・仏舎利塔内に安置してあるとのこと、 本堂の長廊下を渡って奥の院にもお参りする。隣には三重塔が聳え、塔頂の九輪が蒼天をバックに金色に輝く。境内には文人の詩歌碑がDsc04103多く、芭蕉の句碑(「埜(の)を横に 馬引きむけよ 時鳥(ほととぎす)」)、山村暮鳥の詩碑(「おう土よ生けるものよ その黒さに太古のかほりが ただようている」)、アララギ派歌人佐藤佐太郎の歌碑(「晴れし日の砂山のうへ濡石は みずから濡れて脂のごとし」)などが建つ。境内の背後の山上には四等三角点が設置されており、傍らに水戸藩第九代藩主徳川斉昭公(烈公)自筆の「村松晴嵐」の石碑が立つ。白砂青松の景勝地であった頃の面影は今も残っているが、一帯は日本原子力東海研究所用地となりフェンスで囲まれ立ち入れない。来年は丑年、虚空蔵菩薩は丑年・寅年生まれの守り本尊なので、今度のお正月は初詣の人でさぞかし賑わうことであろう。隣接する村松大神宮にもお参りすると13:30、矢祭山登山を諦め帰路に着く。

|

« 干し芋作り | トップページ | 定点観察・増尾城址公園(柏市) »

コメント

突然コメントカキコ申し訳ありませんm(__)m
今度、清澄寺に行きたくて調べていたらこのブログにたどり着きました。ブクマさせてもらいます。また覗きにきます(^-^)

投稿: 実ィ実 | 2009年4月25日 (土) 19:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 干し芋作り | トップページ | 定点観察・増尾城址公園(柏市) »