« 高原紫花豆 | トップページ | キクイモ(野生種) »

続寒茸採り

Dsc045782009年1月27日(火) たっぷり雨が降ってから5日経ったので、そろそろ出揃った頃とエノキタケ採りに出かける。場所は自宅から徒歩10分の根木内歴史公園、今日は珍しく誰もいない。フジの切株で褐色に萎んでいるヒラタケは去年の11月頃に発生したものである。味が良くないので採らずにおいたが、場所が場所だけに誰にも気付かれないらしい。いつもの2箇所の切株でエノキタケを採取する。小さな切株ながら今年4、5回目の発生で、誠に律儀なものである。汁の実には少し足りないが、市販品も足して澄まし汁にしてもらおう。(写真は左がエノキタケ、右がヒラタケ)

|

« 高原紫花豆 | トップページ | キクイモ(野生種) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 高原紫花豆 | トップページ | キクイモ(野生種) »