« 続寒茸採り | トップページ | シイタケ栽培 »

キクイモ(野生種)

Dsc04592 2009年1月27日(火) 根木内歴史公園へ寒茸採りに行った序に、入口の川沿い土手に野生化しているキクイモを掘り起こしてみる。30分ほどのアルバイトで簡単にレジ袋一杯の根茎が採れる。超小型のサツマイモのような姿形で、先日「道の駅ならは」で購入したものに比べ紅く小粒である。持ち帰って泥を洗い落とし、大きいものを選んで焼き芋にして食べる。風味は栽培品と変わらない。腰がないので物足りないが、十分食べられる。キクイモは健康食品としても加工販売されており、体にも良さそうである。今のような飽食の時代に出番は少ないと思うが、 日本の食糧自給率僅か40%、いつ何時食糧危機に見舞われるかわからない。自生地を探しておいて損はない。

|

« 続寒茸採り | トップページ | シイタケ栽培 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 続寒茸採り | トップページ | シイタケ栽培 »