« バリ島内観光 | トップページ | 世界遺産「ボロブドゥル寺院遺跡」 »

パッションフルーツ

P1080600_2フルーツ天国のインドネシアでは多彩な熱帯果実を味わうことができる。今回の旅で食したのは、サボー、サラック(蛇の鱗のような外皮、乳白色の実はやや渋く甘酸っぱい)、スイカ、ドリアン、パイナップル、パッションフルーツ、バナナ、マンゴー、マンゴスチン、メロン、ランブータンの11種類。これら以外にも、シャカトウ、スターフルーツ、ドラゴンフルーツ、ミカン類、リュウガン等が道路沿いに並ぶ果物屋で売られている。バナナは小ぶりながらコクがあって美味しかったが、スイカやメロン、パナップルは甘味が薄く物足りない。生れて初めて物語はサボー(SAWO)のジュース、風味は柿か干し柿の様でとろりとして甘い。24日の昼食時、ジョグジャカルタのミーパッソ(塩ラーメン)屋で飲んだが一杯12,000ルピア(約100円)、お奨めである。(写真はパッションフルーツ)

|

« バリ島内観光 | トップページ | 世界遺産「ボロブドゥル寺院遺跡」 »

コメント

サラック、サラカ椰子の実ですね。私はインドネシアやタイ、カンボジアなどで食べました。品種によって素晴らしくおいしいのと、そうでないのとあるようです。
硬い種子や皮は細工物に使われたりしていましたよ。

投稿: Ku.Ma. | 2009年3月 3日 (火) 09:13

ブログ見させていただきました。海外旅行や多彩な趣味すばらしいですね。
私は当年68才です。ちょっと病気をしてリハビリ中です。信州は真田十万石の城下町・松代町です。川中島古戦場が近くです。

投稿: 六茶ん | 2009年3月24日 (火) 08:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« バリ島内観光 | トップページ | 世界遺産「ボロブドゥル寺院遺跡」 »