« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

手児奈霊堂(てこなれいどう)

2009年3月30日(月)  手児奈霊堂は手児奈の墓所と伝えられる地に建てられた御堂である。真間山弘法寺の七世日与上人が文亀元年(1501)、手児奈の霊を祀る霊堂として世に広めたという。 弘法寺の一堂宇であるが、境内から少し離れた門前町の一隅に建つ。手児奈は下総国の国府(現市川市国府台)近くに住んでいたという伝Dsc05148説の美女である。美しいゆえに多くの男性から求婚され、しかも自分のために人びとが争うのを見て、人の心を騒がせてはならぬと、真間の入江に自ら身を沈めたと伝えられる。参道入口に建つ手児奈霊神碑は寛政七年(1795)、澤田嘉右衛門氏の奉納である。今では縁結びと安産の神様としてお参りされているようで、境内に沢山の絵馬が奉納されている。中には「一流のホステスになれますように!」などと、手児奈霊堂には相応しからぬ願い事もあるが・・・。奈良朝前期の万葉歌人、高橋連蟲麿(たかはしのむらじむしまろ)や山部宿禰赤人(やまべのすくねあかひと)もこの地を訪れて手児奈を偲ぶ歌を次のように詠んでいる。勝鹿(かづしか)の真間娘子(ままのおとめ)を蟲麿の詠む歌一首、「鶏が鳴く 吾妻の国に 古に ありける事と 今までに 絶えず言ひ来る 勝鹿の 真間の手児奈が 麻衣に 青衿着け 直さ麻を 裳には織り著て 髪だにも 掻きは梳らず 履をだに 穿かず行けども 錦綾の 中につつめる 斎児も 妹に如かめや 望月の 満れる面わに 花の如 笑みて立てれば 夏虫の 火に入るが如 水門入に 船漕ぐごとく 行きかぐれ 人のいふ時 Dsc05152いくばくも 生けらじものを 何すとか 身をたな知りて 波の音の 騒ぐ湊の 奥津城に 妹が臥せる 遠き代に ありける事を 昨日しも 見けむが如も 思ほゆるかも」(万葉集巻9-1807)、 反歌 「勝鹿の真間の井を見れば立ち平し水汲ましけむ手児奈し思ほゆ」(巻9-1808)。勝鹿の真間娘子の墓を過ぐる時、赤人の作る歌一首、「古に 在りけむ人の 倭文幡の 帯解きかへて 伏屋立て 妻問しけむ 葛飾の 真間の手児奈が 奥つ城を こことは聞けど 真木の葉や 茂りたるらむ 松が根や 遠く久しき言のみも 名のみもわれは 忘らゆましじ」(巻3-431)、反歌 「われも見つ人にも告げむ葛飾のままの手児奈が奥津城處」(巻3-432)、「葛飾の真間の入江にうちなびく玉藻刈りけむ手児名し思ほゆ」(巻3-433)。一度万葉集をじっくり読まねばなるまい。(この項は、NHKブックス49、木俣修著「万葉集・時代と作品」を参考にしました) 

| | コメント (1)

真間山弘法寺(ままさん・ぐほうじ)

2009年3月30日(月) 天気が良いので家族3人でお花見に出かける。行き先は市川市真間の弘法寺、境内にある伏姫桜(ふせひめざくら)が満開なDsc05163そうな。 自宅から17㎞、弘法寺は住宅地に囲まれた高台に建つが、アクセス道路が狭く辿り着くのに四苦八苦。20台位の駐車スペースは当然満車であったが、帰る車があって辛うじて後釜に納まる。お目当ての伏姫桜は樹齢400年を越すシダレザクラの古木、樹勢今なお盛んで枝張りも見事である。カメラを手にした見物客が引きもきらず、平日とは思えぬ人出、それを目当てに沢山の露店も並ぶ。市川市教育委員会の説明板には、「弘法寺は、奈良時代、行基菩薩が真間の手児奈の霊を供養するために建立した求法寺がはじまりであり、その後平安時代、弘法大師が七堂を構えて真間山弘法寺とし、さらにその後天台宗に転じたとされDsc05170る。鎌倉時代、この地に及んだ日蓮の布教を受けて、建治元年(1275)、 時の住持了性(りょうしょう)が日蓮の弟子で中山法華経寺の開祖日常(にちじょう)との問答の末やぶれ、日蓮宗に転じ、日常の子で六老僧の一人日頂(にっちょう)を初代の貫首としたと伝える。鎌倉末期の元亨三年(1323)には千葉胤貞により寺領の寄進を受け、延文三年(1358)の日樹置文(にちじゅ・おきぶみ)によれば葛飾郡一帯や千田庄(多古町)に多くの寺領や信徒を擁していたことが知られる。また室町・戦国時代には山下に真間宿または市川両宿といわれる門前町が発展し、賑わいをみせていた。天正十九年(1591)、徳川家康より朱印地30石を与えられ、元禄八年(1695)には水戸光圀も来訪したと言われる。明治二十一年(1888)の火災のため諸堂は焼失してしまったが、明治二十三年(1890)に再建され、現在に至っている。境内には、日蓮の真刻と伝える大黒天をまつる太刀大黒尊天堂、 水戸光圀が賞賛して名づけたといわれる遍覧亭、袴腰の鐘楼、仁王門、伏姫桜とよばれる枝垂桜があり、小林一茶、水原秋桜子、富安風生などの句碑がある」とある。伏姫桜を堪能してから境内を一巡し、太刀大黒尊天堂や里見龍神堂に参詣する。更に、伝説の美女、真間の手児奈(てこな)を祀る山麓の手児奈霊堂にもお参りして引き揚げる。帰路、イオン柏ショッピングセンターに寄り、インド料理専門店のガネーシャ・ガルでカリーランチの昼食。

| | コメント (0)

イサキ・伊左幾・鶏魚

Dsc05124 2009年3月29日(日) 今日の夕食のおかずはイサキの塩焼きでした。一般にイサキは夏の魚であり、最も脂肪がのる6~7月頃が旬と言われておりますが、市場に入荷が始まっているらしく、スーパーの魚屋に旬魚として並べられております。30㎝クラスの大物が1尾300円程度、唐揚げも美味しいとのことですが、今回は塩焼きにし、たっぷりのダイコンおろしを添えていただきました。家人からは、「毎日のおかずを絶対ブログに乗せないように!」と、きつく言い渡されておりますが、ネタ切れなので仕方がありません。まあ勘弁してもらいましょう。

「柿若葉いさき並べし魚の店」(春窓)

| | コメント (0)

廣池学園

Dsc051142009年3月28日(土) 今日も花冷え、2月下旬から3月上旬の気温がここ数日間続いている。例年ならこの時期満開の廣池学園のサクラも、ソメイヨシノはまだ2分咲きといったところ、花見客の少ない園内は静かである。イチョウの大木の下、ツツジの植込みの中を覗きこみ、今年もトガリアミガサタケが群生していることを確かめる。サクラの見頃は来週末くらいか、出直すことにして学園を後にする。

| | コメント (0)

ホタテガイ

Dsc05100 2009年3月26日(木) 光ヶ丘にあるスーパーマーケット、おっかさんで北海道物産展をやっていたらしく、家人が帆立貝を買ってきました。殻長20㎝にも及ぶ大物で一枚200円、刺身でもOKとのことでしたが今回はバター焼きにして戴きました。ホタテガイはイタヤガイ科の二枚貝で春が旬、焼き立てを肴にビールを飲めばもう何も言うことがありません。

「白南風(しらはえ)や帆立貝焼く香の流れ」(道子)

| | コメント (0)

ナメコ栽培

Dsc050862009年3月24日(火) 手賀の丘公園でもらってきたサクラの原木に200個近くの孔をあけ、ケーヨーD2で買ってきたナメコの種駒を植え付ける。今回は慣れてきたのと、原木の軟らかいのに助けられ3日間で作業を完了する。後はじっと待つだけ、ふた夏を越した来年秋には大型の足長ナメコがわんさと食べられる。何事も明日の夢を見ながら待つ時間が一番楽しい。

| | コメント (0)

ハリギリの新芽

Dsc050522009年3月21日(土) 初夏のような気温が3日間続き、指標木として自宅に鉢植えしているハリギリの芽が急に伸び始める。平地では今が採り頃を示すサインなので、手賀沼近くの公園のハリギリ林へ出撃する。昨年きのこ観察をしていて偶然見つけた秘密の場所であるが、ハリギリはタラノメほどの人気はなく、したがって競争相手も少ないので、若芽はそっくり残っている。有り難く30個ほど採取する。ハリギリはタラノメより青臭さも苦味も強いが、その分コクがあり旨味は濃い。春の宵、ハリギリの天麩羅で新発売の麦芽100%一番搾りを飲む。伊達政宗公ではないけれど、「残軀(ざんく)天の赦すところ 楽しまざるをこれ如何せん」といった気分。

| | コメント (0)

ツワ引き

Dsc05057_22009年3月21日(土) ツワブキは暖地性常緑の多年草であり、福島県以南の本州(日本海側は福井県以西)・四国・九州の海沿いの崖地や海岸近くの林内などに群生する。また観賞用に植えられたものが、庭園や街路の植込みにも見られる。今は褐色の綿毛を被った若い葉柄が盛んに伸びる時期、せっかくなので近所の神社へツワ引き(ツワブキ採り)に出かける。先ずお賽銭をあげてお参りしてから、境内に生える数箇所の株から若い葉柄を選んで10本ばかり頂戴する。ツワブキで作ったものが本当のキャラブキ、佃煮にするのがベストと思われる。

| | コメント (0)

お彼岸・おはぎ・牡丹餅

Dsc05018 2009年3月20日(金) 春分の日、彼岸の中日、甲子(干支)、七赤(九星)、先勝(六輝)、鬼(廿八宿)。小平霊園のお墓参りを昨日のうちに済ませて安心したらしく、今朝早くから妻は張り切っておはぎ作りにとりかかる。うるち米にもち米を混ぜて炊いたご飯を丸め、別途調製しておいた小豆餡をつけて15個のぼた餅が出来上がる。早速仏壇に3個供える。残りは10時と3時のおやつ、12個÷家族4人だと一人3個ずつであるが家長の特権でとりあえず5個食べる。明日もお仏さんのお下がりをご馳走になろう。

| | コメント (0)

鷲子山上神社

2009年3月15日(日) 山方町のDsc04938盛金富士登山の帰り道、茨城・栃木県境にある鷲子山(とりのこさん)まで足を延ばし、 山頂に建つ鷲子山上神社にお参りする。山頂直下の駐車場に車を駐め、先ず中峰に建つ本宮にお参りする。左手の石段を登ると、社殿の前に金運不苦労柱が建ち、その周りを四神の御柱が取り囲む。更に四神の御柱が支える台座に日本一の大フクロウ(平成20年5月建立)が祀られている。どうやら鷲子山上神社ではフクロウを不苦労と表し、金運幸福を招く神様のお使いとしているようである。大フクロウ以外にも色々な形と大きさのフクロウが境内に奉納されている。指示通り、備え付けの棒で金運不苦労柱を3回たたき抱きかかえる。社殿の前へ進み、お白石(福石)を2個取って福運びフクロウの籠に入れてからお参りする。那珂川町が立てた説明板「日本の自然百選 鷲子山」によると、『山頂には鷲子山上神社があり大同二年(807)の創建で天日鷲命(あめのひわしのみこと)・大己貴命(おおなむちのみこと)・少彦名命(すくなひこなのみこと)をお祀りしています。記録では将軍源頼朝が社殿修理料を献納、地方豪族も深く尊信し徳川幕府は朱印地(社領)二十石、除地Dsc04950(免税地)百石を寄進しています。御本殿はもと本宮の地にありましたが天文二十一年(1552)現在の峰に移り天明八年(1788)大改築がなされました。 このほか楼門安養閣・鐘楼・奥山稲荷・本宮等があり、老杉古木にかこまれ、古来より霊峰と呼ばれ、またかつての修験道の霊場でもありました。建築は豪壮と繊細の中世と近世の様式が混存し各所に神仏混淆の跡を残しています。祭礼は春四月十七日が例祭、秋十一月第三土曜・日曜に夜祭・新嘗祭が斎行されます。特に第三土曜日の夜祭は創建以来の古儀秘伝を存しています。云々』とある。天日鷲命は製紙に縁のDsc04958ある神様、 美和村(現常陸大宮市)は昔から和紙の里として知られ、鳥子紙という良質の紙を漉いてきた所なので、神社の名称と祭神もその事に由来するのであろう。次に本殿へ向うと、大鳥居の前に県境を示す看板が立っている。山頂に建つ本殿境内を茨城県常陸大宮市と栃木県馬頭町の境界が通っており、社務所も参道の両側にひとつずつ置かれている。宮司も別らしい。また随身門と本殿は両県の文化財に指定されている念の入れ様である。社務所から拝殿前まで登る石 段は96段あり、往復すると二九六(不苦労)ということになり幸運をもたらすと言う。いろいろ工夫を凝らしてある。石段登り口の両側に、文久二戌年(1862)銘の本社屋根銅板寄進碑と昭和57年(1982)銘の奉改修御社頭石段寄進碑とが建つ。寄進者の中に江戸時代後期に鳥子紙を生業にして財を築いたという薄井家の名前は見当たらない。本殿の傍らには栃木名木百選に選ばれた鷲子山の千年杉(樹齢1,000年、周囲7m、直径2m20cm)が聳える。他にも鬱蒼たる老杉、古木が霊域を取り囲む。本殿にお参りした後、今が花盛りの寒椿の林を通り抜け境内最奥の奥山稲荷にも参詣する。山頂を後にし、亀井戸でご神水を一杯試飲してから車に戻る。

| | コメント (0)

美和のしいたけ

Dsc04988 2009年3月15日(日) 茨城・栃木県境の鷲子山(とりのこさん)へ向う途中、那珂郡美和村(現常陸大宮市)の道の駅北斗星で購入した生椎茸です。肉厚の立派なしいたけが12個入っており500円でした。生産者は河西シイタケ園(℡:0295-58-2741)とあります。帰宅して早速フライパンで焼き上げ、醤油を垂らして食べました。最高の食感・食味です。申し分ありません。それにしても、かくも立派な椎茸が僅かのお金で簡単に手に入るようでは、我家の原木栽培の前途は極めて多難であります。

| | コメント (0)

干し柿

Dsc04985 2009年3月15日(日) 茨城県常陸大宮市の道の駅美和(みわ・ふるさと館 北斗星)で購入してきた干し柿です。素朴な外観から想像するに、農家の軒先で自然乾燥したもののようです。福島産とあり20個で350円、生産者には申し訳ない値段でした。干し柿は干し芋と並ぶ我家の大好物、然るに最近の干し柿は、福島県伊達市産のあんぽ柿といい、信州伊那谷産の市田柿といい、贈答用にも使われる高級品と化してしまい、めったに口に入りません。そうかといって150㎞先の福島県境まで度々買出しに行くわけにもいかず、もっと手頃な価格の干し柿が近所のスーパーにも並んで欲しいものです。

| | コメント (0)

陰陽神社

2009年3月15日(日) 奥久慈の盛金富士Dsc04886に登りに行く序に、同じ山方町(現常陸大宮市)にある陰陽山にも登り、 山頂に建つ陰陽神社に参詣する。陰陽山の名の起りは、山頂付近にある二つの大岩を夫婦石(陰陽石)に見立てて御神体としたことに由来する。陰陽神社は水戸二代藩主、徳川光圀公が寛文元年(1661)に創建を思い立たれ、元禄四年(1691)に社殿が完成したとのこと、以来山方の旧七箇村の村社として崇敬を集めてきた由緒ある神社である。登山口の南皆沢公園駐車場に車を置き、一の鳥居をくぐる。春季(4月15日)、秋季(10月15日)の例祭のほかにも節目節目で祭礼が執り行われており、今でもお参りする人がDsc04883 絶えないようである。二の鳥居の手前に立つ不動明王像の銘は文政十亥年(1827)三月、 急な石段を登っていくと中段に立派な幣殿が建つ。そこから反時計回りに山腹を登っていくと本殿の前に出る。狛犬の形が一般的な獅子ではない。台座に彫られた銘文を読むと、朝鮮北部高麗地方に於いて狩りの時に使われた短足低背の犬の形をしているとあり、此の地も埼玉県の高麗(現日高市)と同じく渡来人が住み着いた所であろうか。190年前に当該狛犬を奉納した人々の子孫有志が平成四年十二月に修復したもので、氏子総代根本保氏、宮司高木邦久氏とある。信仰心に富む奇特な人々はまだまだいる。Dsc04897御祭神は伊弉諾尊(いざなぎのみこと)と伊弉冊尊(いざなみのみこと)、 御神徳は「結婚縁結び」「子授け安産」「夫婦和合」「延命息災」「諸願成就」と何でも御座れである。また古来より晴天を陽石に、慈雨を陰石に祈願したものらしい。本殿の裏手に御神体の陰陽石が寄り添うように聳え立つ。向って右側(東側)の陰石は長さ10m、横2.3m、厚さ2.5m、左側(西側)の陽石は長さ8.8m、横5.6m、厚さ1.9mであり、見上げるような巨岩というわけでもない。形状からいって陰陽逆でも良いと思う。何はともあれ有り難い、傍に寄り右手で陰石に左手で陽石に触れる。前期高齢者に近くなって家人から別れ話を切り出されでもしたら目も当てられないので、ここは「飽きられませんように」「捨てられませんように」と必要最小限の夫婦円満をお願いする。山頂の展望台から水戸市街や筑波山を眺めた後下山、盛金富士へ向う。

| | コメント (0)

定点観察・根木内歴史公園(松戸市)

Dsc048482009年3月10日(火) 夜来の雨が上り陽光燦燦、4月中旬の気温にまで上昇する。きのこ観察の時機到来とばかり昼前に近くの公園へ。結果は又も期待はずれ、①アラゲキクラゲ、②エノキタケ、③スギカワタケ(青木氏仮称)、④タマキクラゲ、⑤ヒメキクラゲ、⑥フクロツチガキを認めただけに終わる。(写真は④) 

| | コメント (0)

セリ摘み

Dsc04867 2009年3月10日(火) 俄かに春めき陽射しが暖かい。4月中旬の気温とか、引き篭りをやめ近所の水辺へセリ摘みに出かける。誰も競争相手がいないので、持参のレジ袋がたちまち瑞々しい若菜で満杯になる。スーパーに行けば一束100円で立派なセリを買えるが、水耕栽培品ゆえ香りも味も大人し過ぎて物足りない。山菜は誰が何と言っても天然物に限る。おひたし、和え物、天麩羅、酢の物、卵とじ、汁の実など何にしても美味しい。

| | コメント (0)

定点観察・増尾城址公園(柏市)

Dsc048462009年3月9日(月)12:30~13:45 今年の2月は記録的な暖冬だったので、そろそろアミガサタケでも出ていないかと、3ヶ月振りに増尾城址公園へ出かけてみる。例年アミガサタケが発生するバーベキュー広場のツツジの植え込みの下を丹念に探したものの空振り、ツバキの下のツバキキンカクチャワンタケにまで振られる。
結局、①アナタケ(?)、②エノキタケ、③クロハナビラニカワタケ、④ヒメキクラゲの4種類を観察しただけに終わる。(写真は③)

| | コメント (0)

キクラゲ採り

Dsc048082009年3月2日(月) キクラゲの在庫が底をついたので、50日ぶりに手賀の丘公園へ遠征してまいりました。園内にキクラゲが出る倒木は2箇所あります。最近の長雨により傘が大きくなっていました。どちらも3年連続で発生している木なので、次第に原木の栄養分が少なくなっているとみえ、収穫量はたいしたことありません。肉野菜炒めに使うとして3回分くらい、まあ贅沢はいえません。

| | コメント (0)

フキノトウ

Dsc04799 2009年3月2日(月) 先日作ったフキノトウ味噌を早くも食べてしまったので、午後から家人を伴いフキノトウ調達に出かけました。今の時期、スーパーマーケットに行けばフキノトウを簡単に入手できますが、それでは面白くありません。心当たりの場所を何箇所か回り、ややとうが立ったものを15個ばかり採取してきました。これで当分の間は春の味を楽しめます。また、フキの茎や葉でもフキ味噌は出来るようなので、そのうち試してみるつもりです。

| | コメント (0)

続続寒茸採り

Dsc047622009年2月28日(日) インドネシアへの旅行中、愚図ついた天気が連日続いていたらしく、やや早い気もするが菜種梅雨というのであろう。25日に帰宅してからも曇りや雨の日ばかり、人間には鬱陶しいがキノコには慈雨である。午後、旅行記を書くのにも飽きたので、近くの根木内歴史公園へ行きエノキタケを探す。空堀近くの台地にある例の切株に出てはいたものの、今回も量が少ない。茶碗蒸しなら何とか形になるかも。

| | コメント (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »