« サンクトペテルブルク市内観光 | トップページ | サンクトペテルブルク近郊観光 »

エルミタージュ美術館

2009年6月10日(水)14:45~18:00 宮殿装飾巡りの後で、西欧美術作品を中心に鑑賞。イタリア美術部門では、レオナルド・ダ・ヴィンチの「ベヌアの聖母」と「リッタの聖母」、P1090491ティツアーノの「ダナエ」と「悔悟するマグダラのマリア」、ラファエロの「コネスタビレの聖母」と「聖家族」、ミケランジェロの「うずくまる少年」、カラバッジオの「リュートを弾く若者」、マッシモ・スタンツィオーネの「クレオパトラの死」、アントニオ・カナレットの「フランス大使のヴェネツィア到着」など。スペイン美術・フランダース美術部門では、ゴヤの「アントニア・サラテの肖像」、レンブラントの「ダナエ」と「フローラ」と「放蕩息子の帰還」、グレコの「使徒ペテロとパウロ」など。19~20世紀ヨーロッパ美術部門では、セザンヌの「セント・ヴィクトワール山」、モネの「ジヴェルニーの干草」、ルノワールの「扇子を持つ女」と「ジャンヌ・サマリーの肖像」、コローの「牛を追う農夫」、ゴッホの「わらぶき屋根の小屋」と「ライラックの潅木」と「エッテンの庭の思い出」、ゴーギャンの「果実を持つ女」、マティスの「ダンス」、ピカソの「農夫の妻」など。超一級の作品をへとへとになるほど堪能する。なお、エルミタージュ美術館のウエブサイト「The State Hermitage Museum」(www.hermitagemuseum.org)は、わざわざロシアまで行かなくてもよい位充実している。(写真は「クレオパトラの死」)

|

« サンクトペテルブルク市内観光 | トップページ | サンクトペテルブルク近郊観光 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« サンクトペテルブルク市内観光 | トップページ | サンクトペテルブルク近郊観光 »