« 大王グミ | トップページ | ハリエンジュ(針槐) »

定点観察・手賀の丘公園(柏市)

Dsc065532009年6月2日(火)13:20~15:10 6月に入り色々なきのこが出始める。ウッドチップ上のツバナシフミヅキタケの発生は終わり、ヒトヨタケ科の発生が多くなる。見つけたきのこは以下の18種、サクラの実を果実酒用に持ち帰る。
《観察種》 ①アミスギタケ②アンズタケ③イタチタケ④オオホウライタケ⑤キクラゲ⑥キララタケ⑦ダイダイガサ⑧ツバナシフミヅキタケ⑨ドウシンタケ⑩ナヨタケ⑪ニセクサハツ⑫ハイイロイタチタケ⑬ハナビラニカワタケ?(スギの倒木上)⑭ヒビワレシロハツ⑮マツオウジ⑯ムジナタケ⑰不明種(紺色の超小型菌)⑱不明種(写真は⑦)

|

« 大王グミ | トップページ | ハリエンジュ(針槐) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大王グミ | トップページ | ハリエンジュ(針槐) »