« 菜園の恵み(4) キュウリ | トップページ | 菜園の恵み(5) シシトウ等 »

くるみ豆腐

Dsc076402009年7月31日(金) 昨秋、白馬村で拾ってきたオニグルミで家伝のくるみ豆腐を作る。仙台の実家では精進料理の定番であったが、普段のお茶請けにも最高であり、昔懐かしい味がする。《レシピ》 ①オニグルミの殻を金槌で割る(一苦労、指は叩いてしまうし、腰も痛くなる)。②金串等を使って中身をかき出す(根気仕事!)。剥きくるみ150グラムを得る。③剥きくるみを擂鉢でよく磨り潰す。④鍋に、剥きくるみと同じ重量の葛粉と、葛粉の6倍容の水を入れる。⑤同じ鍋に磨り潰したくるみと砂糖150グラム(好みに応じて増減)を入れる。⑥鍋をDsc07643弱火にかけ、しゃもじで攪拌しながら温める。30分間加温攪拌を続ける。⑦粘りが出てきたら出来上がり、バットに受けて粗熱を取る。⑧冷蔵庫で保管する。⑨適当な大きさに切って食べる。甘味が足りない時は黒蜜等をかけると良い。香ばしくコクがあって非常に美味しい。 

|

« 菜園の恵み(4) キュウリ | トップページ | 菜園の恵み(5) シシトウ等 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 菜園の恵み(4) キュウリ | トップページ | 菜園の恵み(5) シシトウ等 »