« 剱岳・点の記 | トップページ | ブルーベリー »

定点観察・手賀の丘公園(柏市)

Dsc076032009年7月23日(木) 午前、雨が上ったので手賀の丘公園へ行く。きのこ観察はボケ防止に最適、誰が命名しているのかしらないが、和名は「ニセ・・・」、「コ・・・」、「ヒメ・・・」、「・・・モドキ」の氾濫、長ったらしいだけでなく似通っており、覚えるのも思い出すのも容易でない。それに公園きのこなら、お金はかからないし、足腰は鍛えられるし、食用菌は手に入るしで、一石二鳥にも三鳥にもなる。自分のような年金暮らしの高齢者には最適の趣味である。今日の園内はモリノカレバタケ属やホウライタケ属のような落葉分解菌の花盛り、他のきのこDsc07606は雨に打たれて傷んだものが多い。
《観察種》 1.アマタケ、2.アンズタケ、3.オオホウライタケ、4.オキナクサハツ、5.クサイロハツ、6.クリイロイグチモドキ、7.クロタマゴテングタケ、8.コウジタケ、9.コテングタケモドキ、10.シロオニタケ、11.ダイダイガサ、12.ツルタケ、13.テングツルタケ、14.ニオイコベニタケ、15.ニガイグチ属(オクヤマニガイグチ?)、16.ハナオチバタケ、17.ヒビワレシロハツ、18.ヒメアワタケ、19.ヒメコナカブリツルタケ、20.ヒラフスベ?(針葉樹生なのでマスタケの幼菌かも)、21.フクロツルタケ、22.ベニタケ属、23.ベニタケ属、24.マツオウジ、25.マンネンタケ、26.ミミナミハタケ属?(写真は上がオオホウライタケ、下がマンネンタケ)  

|

« 剱岳・点の記 | トップページ | ブルーベリー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 剱岳・点の記 | トップページ | ブルーベリー »