« 菜園の恵み(7) モロヘイヤ等 | トップページ | 鎌倉散策(金沢街道コース) »

鎌倉五山第五位 浄明寺

2009年9月10日(木) 山門前に立つ鎌倉市の説明案内板を読むと、「稲荷山浄妙寺は臨済宗建長寺派に属し、P1100192 源頼朝の伊豆挙兵以来の重臣・足利義兼が、退耕行勇(たいこうぎょうゆう)を開山として文治四年(1188)に建立、行勇は源頼朝や政子が帰依した高僧である。鎌倉五山第五位の由緒ある禅宗の寺で、室町時代は境内に二十三の塔頭を持つ大寺院であったが、火災などのため漸次衰退し、現在は総門、本堂、客殿、庫裡が残るのみ、茶室・喜泉庵と枯山水の庭は平成三年に復元されたものである。本堂の奥にある鎌足稲荷神社は鎌倉の地名の由来になったとされる」とある。受付で拝観料を納め、本堂にお参りする。さすがに立派な建物である。枯山水の庭を覗いてから境内を奥へ登っていくと、最上部の塔頭跡に洋館が建ちイングリッシュガーデンまである。そこは浄明寺が経営するレストランであり、中に入って庭を眺めながらアイスコーヒーを飲む。何とも異質な空間、精進料理なら理解できるが、昼から般若湯(ワイン)を飲んで食事をしている婦人連が多い。さすがは鎌倉、寺院商売もここまでやるかと感心する。和風庭園もありシモツケソウやハギも若干咲いてはいるが、他には特に見るべきものもなく、納経印を戴いて早々に退散する。

|

« 菜園の恵み(7) モロヘイヤ等 | トップページ | 鎌倉散策(金沢街道コース) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 菜園の恵み(7) モロヘイヤ等 | トップページ | 鎌倉散策(金沢街道コース) »