« 筑波山で出逢ったきのこ | トップページ | カラカサタケの天麩羅 »

菜園の恵み(12) 里芋

Dsc09628_22009年10月14日(水) 今日はサトイモの試し掘り、序に再び短形自然薯も掘り取りました。細めの茎だったにもかかわらずサトイモは約1キログラムの収穫、上々の出来です。今年の秋冬は、サトイモたっぷりの豚汁が何度もたべられるかと思うと嬉しい限りです。茎はまだ青いので時期尚早ですが、もう少し枯れてきたらお正月の雑煮の材料、ズイキとして利用するつもりです。親芋は食べても美味しくないとのこと、再び埋め戻しておきました。来年そこから芽が出てくればめっけもの、果たしてどうなりますか。

|

« 筑波山で出逢ったきのこ | トップページ | カラカサタケの天麩羅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 筑波山で出逢ったきのこ | トップページ | カラカサタケの天麩羅 »