« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

菜園の恵み(14) 聖護院大根

Dsc00221 2009年10月29日(木) 午後、残りの畝のサツマイモ掘り、こちらは良く耕してから植え付けただけに姿形の麗しい芋が10キログラム強取れる。植え付けは7月30日、最初の苗から伸びた蔓芽を切断し土に挿しただけであるが、これほど立派に育つとは・・・、太陽の光と、土と、植物の力は偉大である。聖護院大根も収穫適期(種まきから70日~80日後、8月20日に種蒔きしたので11月上旬頃)が近づき大分太ってくる。間引きしたものは浅漬けにして食べているが、さっぱりして美味しい。

| | コメント (0)

定点観察・根木内歴史公園(松戸市)

Dsc002072009年10月29日(木) 9月、10月ときのこの姿が全くない状態が続いていた根木内歴史公園に少し変化の兆し、今日覗いてみると材上生の種類がいくつか出ている。件のフジの切株にヒラタケの姿はなかったが、エノキタケを今秋初めて見る。
《観察種》 ①エノキタケ、②タマチョレイタケ、③ツヤナシマンネンタケ、④ハチノスタケ、⑤ヒトヨタケ属、⑥ヒビワレシロハツ、⑦ベニタケ属 (写真は③)  

| | コメント (0)

定点観察・手賀の丘公園(柏市)

Dsc001542009年10月27日(火) 台風一過の青空広がる。南風が吹き込み気温も上昇。午前、散髪、午後は手賀の丘公園できのこ観察。アカマツ林でチチアワタケとテングタケが爆発していただけで、それ以外のきのこはやはり少ない。アンズタケ属と思われる初見の不明種に出逢う。
《観察種》 ①オオツルタケ、②キララタケ?、③シロゲカヤタケ、④スギエダタケ、⑤スッポンタケ、⑥センボンイチメガサ、⑦チチアワタケ、⑧ツチナメコ、⑨テングタケ、⑩ドウシンタケ、⑪ホコリタケ、⑫不明種(アカチャイヌシメジ?)、⑬不明種(アンズタケ属)、⑭不明種(キシメジ属)、⑮不明種(フウセンタケ科?) (写真は③)

| | コメント (0)

カリン酒を仕込む

Dsc001352009年10月26日(月) 我が家の家庭菜園の隅にカリンの木があり、たわわに実を付けています。地主さんにお断りして数個頂戴しました。台風18号の影響で落ちてしまったり傷ついたりしていますが、良さそうなものを持ち帰り、カリン酒を造りました。適当にカットして種を除いたカリンの実1キログラムと氷砂糖700グラム、35度のホワイトリカー1.8リットルを広口瓶に入れました。冷暗所に6ヶ月間保存すると、美味しいカリン酒が出来上がります。カリン酒は美味しいだけでなく咳止めに著効があり我が家の冬の必需品です。4年前に作ったカリン酒が底をつきつつありますが、これでひと安心です。

| | コメント (0)

ガマズミ酒とナナカマド酒

Dsc00131 2009年10月26日(月) 秋は山野にいろいろな木の実が実るので果実酒造りの好季節、17日奥日光の高山で採取したナナカマドと、21日蓮沼海浜公園で採取したガマズミとをホワイトリカーに浸けました。甘味は後で飲むとき調整することにし、氷砂糖を5、6個入れるにとどめました。ナナカマド酒は2回目ですがガマズミ酒は初めて、さてどんな味に仕上がるかとても楽しみです。

| | コメント (0)

定点観察・増尾城址公園(柏市)

Dsc000842009年10月25日(日) 今日はきのこ観察の梯子、午後、増尾城址公園へ。アカヤマドリはさすがに姿を消してしまったが、初見のコナカラカサモドキ(?)とヌメリスギタケに出逢い、立派なヒラタケも採取する。20種類以上のきのこを見つけ、シーズン終盤としては上出来。
《観察種》 1.アカキツネガサ、2.ウラベニガサ、3.クズヒトヨタケ?、4.コテングタケモドキ、5.コナカラカサモドキ?、6.スギエダタケ、7.スミゾメヤマイグチ、8.センボンイチメガサ、9.チチタケ属(ニセヒメチチタケ?)、10.ツチナメコ、11.テングタケ、12.ヌメリスギタケ、13.ハタケシメジ、14.ヒビワレシロハツ、15.ヒラタケ、16~19.ベニタケ属、20.ホコリタケ、21.ムジナタケ(前回19日と同じもの)、22.ムラサキシメジ、23.ワカフサタケ属 (写真はコナカラカサタケモドキ)

| | コメント (0)

定点観察・向小金ふるさとの森(流山市)

Dsc000212009年10月25日(日) 今年の秋は公園きのこの発生も非常に悪い。昨日から急に気温が下がり雨もたっぷり降ったので、例年ならナラタケが出てくるのだが・・・。このところ何回足を運んでもきのこの姿を拝めなかったが、今日はドウシンタケがぼこぼこ出ている。可食菌で美味しいらしいが、テングタケの仲間は猛毒種が多く試食する気にはなれない。フィールドに変化の予感、そろそろスイッチが入るかも。
《観察種》 ①アセタケ属、②スギエダタケ、③テングタケ、④ドウシンタケ、⑤ヒビワレシロハツ、⑥ワカフサタケ属 (写真は④)

| | コメント (0)

菜園の恵み(13) ブロッコリーと三十日大根

Dsc000042009年10月23日(金) 三十日大根とブロッコリーを今日初めて収穫しました。どちらも小振りで、三十日大根などは20本束になってもスーパーの88円大根1本に叶いません。ブロッコリーもスーパーの品物(1個120円)の半分位の大きさ、店頭で値段を見てショックを受けました。まあ大きさと値段はともかく、我が家の野菜は完全無農薬栽培なので安心して食べられるのが美点、三十日大根は聖護院大根とともに浅漬けにしました。葉の部分も味噌汁の具や油炒めにします。ブロッコリーは茹でて肉料理の付け合せ、いずれも美味しくいただきました。

| | コメント (0)

アミタケ豊作

091021dsc000372009年10月21日(水) 蓮沼海浜公園と横芝海浜の森に於ける本日のきのこ狩りの成果。前者はお目こぼしを拾う程度でたいしたことはありませんでしたが、後者は群生しているシロに何度も当たり、これまでで一番の大収穫になりました。アミタケの以外に、オウギタケ、チチアワタケ、ヌメリイグチの幼菌も交じっています。ハツタケも1本あります。ハツタケ以外は塩水に浸けて虫出ししてから、茹でこぼし、小分けして冷凍庫に保存しました。アミタケは、味噌汁、おろし和え、鍋物、雑炊の具にするととても美味しく、これだけあれば当分楽しめそうです。

| | コメント (0)

定点観察・蓮沼海浜公園(山武市)

Dsc000282009年10月21日(水) 身体が二つか三つ欲しくなるほど秋は忙しい。今日は九十九里浜できのこ観察と釣りを行うこととし8:50出発。11:05蓮沼海浜公園いこいの広場到着。長靴に履き替えて松林に入り、いつものコースで一回りする。きのこ狩りの人がハツタケやアミタケをどっさり抱えて戻ってくる。聞けば成田市から来たご夫婦や地元の人で、何と言っても近い人には叶わない。林内ではチチアワタケとテングタケが大発生しており、お目こぼしのアミタケも結構残っている。途中からきのこ狩りモードに変換、アミタケの他にオウギタケとチチアワDsc00005タケとヌメリイグチの幼菌も採取する。ハツタケは1本止まり、林縁で果実酒を作るためガマズミの実を採取、12:50車に戻る。
《観察種》 ①アミタケ、②アンズタケ、③ウラムラサキ?、④オウギタケ、⑤オシロイタケ、⑥コウヤクタケ科(スミレウロコタケ?)、⑦サクラタケ、⑧ササタケ、⑨シロオオハラタケ、⑩チチアワタケ、⑪テングタケ、⑫ヌメリイグチ、⑬ノウタケ、⑭ハツタケ、⑮⑯ベニタケ属、⑰ホコリタケ(写真は上が①、下が⑭)

| | コメント (0)

イチジクの甘露煮

Dsc099102009年10月20日(火) 一昨日の市原市民の森に於けるきのこ観察会の帰り、国道297号線沿いにある道の駅「あずの里いちはら」に立ち寄り、煮用イチジク2袋を購入してきました。1袋10個入りで368円、完熟イチジクの半値ほどです。なんでも市原市は千葉県一のイチジクの生産地だそうです。レシピは昨年と変わりませんが(2008年12月1日記事参照)、今年は香り付けにブランデーを加えてみました。風味は上々、今年も美味しく出来ました。

| | コメント (1)

五色きのこ鍋

Dsc099122009年10月19日(月) 日光の帰り、沼田街道(国道120号線)沿いの露店で購入したムキタケと、昨日市原市民の森の観察会で採取したハタケシメジ、そして同じ観察会で他のメンバーが採取したウスヒラタケ、サクラシメジ、ヌメリササタケ(鑑定会終了後、テーブルに残っていたものを黙って戴いてきました。申し訳ありません)の5種類を用い、豚汁風きのこ鍋を作りました。いずれ劣らぬ優秀食菌揃い、しかもすべて天然きのことくれば美味しくない筈はありません。旬の味ここに極まるといった感じです。さらに具を食べた後の汁で雑炊を作りました。良いダシが出ていてこれまた結構、申し分ありません。今晩は最高の食事になりました。(写真はムキタケ)

| | コメント (0)

定点観察・増尾城址公園(柏市)

Dsc099252009年10月19日(月) 名戸ヶ谷のケイヨーD2にタマネギ苗と肥料を買いに行った帰りに、増尾城址公園に立ち寄りナラタケとハタケシメジのシロをチェック。どちらも空振り、1本も出ていない。城址公園側だけを一回りすると何とアカヤマドリが出ている。しかも幼菌が6本も!。今の季節ならキノコバエの幼虫も少ない筈と持ち帰る。今年の気候はどこかおかしく、きのこも出るべきか出でざるべきか戸惑っている模様。
《観察種》 ①アカヤマドリ、②ムジナタケ、③ムラサキシメジ、④モリノカレバタケ属(写真は①)

| | コメント (0)

きのこ観察会・市原市民の森

2009年10月18日(日) 今日は千葉菌類談話会の第57回観察会、会場は市原市民の森、柏から80㎞の遠方Dsc09901であり、10:00受付開始なので7:35に家を出る。R16を走り千葉市内で給油、R297に入って小港鉄道月崎駅近くの市民の森に10:05到着。今日の参加者は68名と盛況、10:30から各自好みのコースで探索を開始する。自分は健脚コースを登り展望台で一服、つばきコース入口から林道万田野線へ出て、もみじ谷コース入口から再び市民の森に下る。市原市民の森は北西面を標高250mほどの尾根に囲まれた 擂り鉢の底のような地形、雨が集まりきのこの発生には好条件と思われる。しかしながら今日の山中は乾いており、きのこの姿は少ない。結局ハタケシメジを含む7種類しか見つけられず。13:00四阿に戻り、きのこ汁をご馳走になる。13:30から鑑定会、参加者がDsc09862探し出したきのこがテーブルに並べられ、吹春先生が次々に名前をつけていく。今年はウラベニホテイシメジとサクラシメジが極端に 少ない。並んだのは、1.アオゾメタケ、2.アセタケ属、3.アラゲキクラゲ、4.イロガワリヤマイグチ?、5.ウスヒラタケ、6.ウラベニホテイシメジ、7.オオホウライタケ、8.カイガラタケ、9.カキシメジ、10.カノシタ、11.カバイロツルタケ、12.カブラマツタケ属、13.カラカサタケ、14.カワラタケ、15.キシメジ属、16.キチチタケ、17.クサウラベニタケ、18.クヌギタケ属、19.クロコブタケ属、20.ケシロハツモドキ、21.コフキサルノコシカケ、 22.サクラシメジ、23.サクラタケ、24.ザラエノハラタケ、25.シロハツ、26.スギエダタケ、27.スギタケ、28.タマシロオニタケ、29.チDsc09864チアワタケ、30.ツチグリ、31.ツチナメコ、32.ツルタケダマシ、33.ナヨタケ属、34.ニオイキシメジ、35.ニガクリタケ、36.ヌメリイグチ、37.ヌメリガサ属、38.ヌメリササタケ、39.ノウタケ、40.バカマツタケ、41.ハタケシメジ、42.ハラタケ属、43.ヒメキシメジ、44.ビョウタケ属、45.ヒョウモンクロシメジ、46.フウセンタケ属、47.ベニタケ属、48.ベニチャワンタケモドキ、49.ホウキタケ属、50.ホコリタケ属、51.ホンシメジ?、52.マメザヤタケ属、53.ミネシメジ、54.ミヤマザラミノヒトヨタケ、55.ムラサキシメジ、56.モリノカレバタケ属、57.ワカフサタケ属の60種類ほど、バカマツタケやホンシメジを見つけた人が羨ましい。15:00散会、試食用にウスヒラタケとヌメリササタケとサクラシメジをもらい会場を後にする。帰路、道の駅あずの里いちはらに寄り、煮イチジク2袋と新興ナシ1袋を購入する。18:00帰宅、秋は忙しい。

| | コメント (0)

高山で出逢ったきのこ

Dsc097472009年10月17日(土) 日光レークサイドホテルをチェックアウトし、竜頭ノ滝上部の滝上無料駐車場に車を駐め、高山(標高1,668m)に登りました(自惚山人ノオト「445.高山」参照)。道すがらきのこ観察を行いましたが、山中は既に晩秋の気配できのこの姿は殆どなく、僅かに①オツネンタケモドキ、②カバイロツルタケ、③ツガサルノコシカケ、④ホコリタケ、⑤ヤマブシタケ(?)の5種類を見つけただけに終わりました。(写真は③)

| | コメント (0)

日光レークサイドホテルの一夜

Dsc09704_22009年10月16日(金) 今日の宿泊先は中禅寺湖畔の日光レークサイドホテル、明治27年(1894)創業の老舗ホテルである。奥日光にOBも利用できる会社の保養所があるので、これまでリゾートホテルとは全く縁がなく、これが初めて物語。16:00にチェックインし湖畔側の223号室に入る。湖畔の湯と名付けられた温泉は本館から50mほどの離れ、昔風の落ち着いた木造浴場である。早速夕食前に一風呂浴びに行く。泉質は含硫黄、カルシウム・ナトリウム炭酸塩泉で、源泉温度78℃、pH6.4とのこと、奥日光ならではの濁り湯である。日帰り入Dsc09709_2浴(1,000円)にやって来る人も多い。夕食はダイニングルーム華厳でフランス料理のフルコース、普段縄文時代の漁労採集生活のような質素な食事をしているので胃腸が吃驚しないとよいが・・・。まあ偶には豪華料理を食べても罰は当たるまい。前菜はコラーゲン入り特性テリーヌ、鴨の燻製、スモーク湯波(①)、スープはコンソメスープ・タピオカ浮かし(②)、魚料理はスズキのポワレ、ヴィネグレットソース蟹添え(③)、口直しが桃のシャーベット(④)、メインは霧降高原牛フィレ肉のポワレ・きのこソース(⑤)、デザートはパッションムースとメープルシフォンケーキに紅茶かコーヒー付き(⑥)、舌を噛みそDsc09711_2うな料理に舌鼓、フランスパンもライ麦パンも美味しく満腹になる。料理長は金子眞一氏、ご馳走様でした。食後再び湖畔の湯へ、今晩は心ゆくまでリゾートホテルライフを楽しむ。(写真は、上段が①、中段が⑤、下段が⑥)    

| | コメント (0)

坂東十八番札所 立木観音

Dsc09680 2009年10月16日(金) 今日は妻に付き合い観音霊場巡り、二箇所目は中禅寺湖畔の立木観音(日光山中禅寺又は補陀洛山中禅寺)。ここにお参りするのも2006年7月9日以来二度目である。境内のご神木、カツラの巨樹の紅葉が美しい。中禅寺は、15年間に亘る苦行の末に男体山を開山した勝道上人により延暦三年(784)に創建されたと伝えられる。上人が湖岸のカツラの大木に立木のままに手刻したと伝わる、像高5.4mの千手観世音菩薩立像が御本尊である。本堂に上がり、伏し目の穏やかな表情をした千手観世音(国指定重要文化財)にお参りする。 観世音の左右には四天王像(左に持国天、Dsc09677増長天、右に広目天、多聞天)が配置されており、おごそかな雰囲気が漂う。「中禅寺 のぼりて拝むみずうみの歌の浜ぢにたつは白波」、ありがたい。本堂から五大堂に昇ると、不動明王を中尊として降三世明王、軍荼利明王、大威徳明王、金剛夜叉明王が祀られている。境内に下りて波之利大黒天堂、愛染堂、鐘楼の順にめぐる。鐘楼に登り諸願成就の梵鐘を撞く。一つ撞いては父母祖先有縁無縁供養のため、二つ撞いては延命福寿のため、三つ以上は願の数々と昔から言い伝えられた有名な鐘とのこと、鐘の音は湖上に流れゆき周囲の山峡に余韻を引く。立木観音を後にし、中禅寺湖畔の紅葉を眺めるため半月山展望台へ向かう。

| | コメント (0)

坂東十九番札所 大谷観音

Dsc09665 2009年10月16日(金) 日光旅行の途中、宇都宮ICで高速を降りお参り。坂東三十三観音霊場巡りは2006年8月19日に結願しているが、妻が初めてなのでお付き合い、まあ何度足を運んでもよい。弘仁元年(810)弘法大師によって開基されたと伝えられる。江戸時代、天海僧正の法弟・伝海が中興開山となり、その後は日光輪王寺末となり、宇都宮城主奥平氏なども帰依し、寺格は完備して伽藍は広壮を極めたという。しかしながら、たびたびの火災で寺宝や記録など悉く烏有に帰したといわれる。昭和26年、第二次大戦の戦没者の霊を弔い、永遠の平和を願って建立された平和観音にお参りしてから大谷観音の山門をくぐる。Dsc09651 受付で拝観料を納め、本堂内で御本尊の石造千手観世音菩薩立像(大谷観音、平安時代初期の作、像高389㎝)に、そして脇堂内で石造伝釈迦三尊像(中尊は釈迦如来、左脇侍は観音菩薩、右脇侍は地蔵菩薩、平安時代末期の作、像高354㎝)、石造伝薬師三尊像(中尊は薬師如来、左右脇侍は菩薩と伝えられているが磨損著しく像名を判断できない。平安時代初期の作、像高115㎝)、石造伝阿弥陀三尊像(中尊は阿弥陀如来、左菩薩形、右比丘尼形の脇侍が立つ。鎌倉時代の作、像高266㎝)にお参りする。何れも大谷石に浮き彫りされており、日本最古の磨崖佛として国指定特別史跡・重要文化財に二重指定されている。「なをきくも めぐみおおやの かんぜおん みちびきたまへ しるもしらぬも」、ありがたい。宝物館で約11,000年前の縄文最古の人骨などを見学し、境内を一回りしてから中禅寺湖畔の立木観音へ向かう。

| | コメント (0)

カラカサタケの天麩羅

Dsc096342009年10月15日(木) 一昨日筑波山で採取してきたカラカサタケを天麩羅にしてもらい、生れて初めて食べました。傘はふわふわした食感で全くくせはなく、甘味と旨味が感じられます。柄はしゃきしゃきした食感で同じくくせはありませんが、旨味は傘に一歩を譲ります。見かけによらず美味しいきのこです。これなら市内の公園に発生する近縁のマントカラカサタケも試食してみる価値がありそうです。

| | コメント (0)

菜園の恵み(12) 里芋

Dsc09628_22009年10月14日(水) 今日はサトイモの試し掘り、序に再び短形自然薯も掘り取りました。細めの茎だったにもかかわらずサトイモは約1キログラムの収穫、上々の出来です。今年の秋冬は、サトイモたっぷりの豚汁が何度もたべられるかと思うと嬉しい限りです。茎はまだ青いので時期尚早ですが、もう少し枯れてきたらお正月の雑煮の材料、ズイキとして利用するつもりです。親芋は食べても美味しくないとのこと、再び埋め戻しておきました。来年そこから芽が出てくればめっけもの、果たしてどうなりますか。

| | コメント (0)

筑波山で出逢ったきのこ

Dsc096122009年10月13日(火) 今年は9月の異常少雨のせいで山のきのこも不作のようです。裏筑波野営場から女体山に登り、筑波ユースホステル跡経由で下山しましたが、登山道沿いは勿論、林内に立ち込んでも殆どきのこが見当たりません。それでも辛うじてカラカサタケを見つけ、試食用に持ち帰ることができました。
《観察種》 ①アラゲコベニチャワンタケ属、②カラカサタケ、③キホコリタケ、④クリゲノチャヒラタケ、⑤ニガクリタケ、⑥ハゴロモイタチタケ?(写真は②)

| | コメント (0)

小川芋銭・河童の碑

2009年10月13日(火) 筑波山登山へ向かう途中の牛久市内で左折、Dsc09562以前から気になっていた「小川芋銭(おがわうせん)・河童の碑」に立ち寄ることにしました。左折地点から4㎞の道程は狭くくねくね、途中から道標も分りにくくなり辿り着くのに四苦八苦。入口に車数台が置ける駐車場があり、お手洗いも建っています。場所は牛久沼の畔の高台ですが、木立が邪魔して湖面は見えません。河童の碑は昭和26年、小川家をはじめ芋銭を敬慕する人たちによって建立されたもので、碑面には芋銭晩年の作である「河童図」と「誰識古人画龍心」の 文字が刻まれています。「改善一歩」と刻まれた道標の先へ進むと芋銭が最晩年を過ごDsc09568した居宅兼画室の「雲魚亭」が建っています。芋銭生誕120年記念にあたり、昭和63年小川家から牛久市に寄贈され、現在は小川芋銭記念館としてゆかりの品々が展示されているようです。屋内公開は土日・祝日のみで今日は見学できません。来る11月7日~23日、第3回小川芋銭展がシャトーカミヤ(牛久市内にある日本初のワイン醸造所)本館2階で開催されるとのこと、その折にでも再訪してとくと拝見させてもらうことにします。因みに、小川芋銭(1868-1938)は日本画家であり、牛久藩の江戸藩邸で武士の子として生まれました。初めは洋画を学び、後に日本画に転向、1893年以降住いとした郷里牛久村の田園風景、農村生活、河童などを扱った幻想的世界を題材に描き、独自の新南画的世界を確立しました。代表作に、「河童百図」、「沼四題」、「樹下石人談」などがあります。

| | コメント (0)

菜園の恵み(11) 短形自然薯

Dsc095402009年10月12日(月) 今日はヤマノイモ(短形自然薯)掘り、3本の内の1本を掘り起こしました。スコップで深く穴を掘り、土を軟らかくしてから植えつけたので、掘り取りも比較的楽でした。先ず芋の上部の細い部分を15㎝ほど切り取って、来年用の種芋として確保しました。芋をすりおろし大好物の麦とろ飯にして食べようと思ったのですが、生憎大麦がないとのこと、やむなく雑穀米を炊いてもらいました。雑穀とろ飯も結構いけます。これに牛タンの塩焼きが付くと今夜は最高!となるのですが・・・。

| | コメント (0)

マタタビ酒その後

Dsc09547 2009年10月12日(月) 1年1ヶ月前(2008年9月3日)に仕込んだマタタビ酒、越前大野の露店で購入した虫瘤状果実をホワイトリカーに浸けたものです。実を引き揚げたのは3ヶ月ぐらい前だったように記憶していますが、最近物忘れがひどく定かではありません。出来上がったリキュールは琥珀色で、薄靄がかかるが如く濁っています。高い樹脂香があり、果実酒というよりは薬酒のような匂いですが、一口飲むと実に奥の深い味がします。これまで試した果実酒の中では5本の指に入る美酒であり、大事に飲もうと思っています。

| | コメント (0)

定点観察・増尾城址公園(柏市)

Dsc095342009年10月11日(日) 爽やかな秋晴れ、家に沈殿しているのは勿体無いので公園きのこの観察へ行く。台風一過の園内では公園管理の人々が落ち枝の片付け作業に忙殺されている。散策する人はまばらで賑わっているのはバーベキュー広場のみ。きのこの姿もまばら、それでも件のシロにハタケシメジが出始める。
《観察種》 ①アカヒダワカフサタケ、②ウスムラサキシメジ(ムラサキシメジ?)、③キツネノカラカサ、④ザラエノハラタケ、⑤ノウタケ、⑥ハタケシメジ、⑦ヒビワレシロハツ、⑧ホコリタケ、⑨不明種(針葉樹の材上生)(写真は②)

| | コメント (0)

定点観察・向小金ふるさとの森(流山市)

Dsc094812009年10月10日(土) 台風一過の森の中は落枝落葉が氾濫し足の踏み場もない。あれだけ雨が降ったのにきのこの姿は見当たらない。もっとも落葉の下に潜んでいるのかも。辛うじてイタチタケの老菌と虫食いドウシンタケ、それにノウタケを見つける。これではしょうがないと廣池学園のフェンス際草原まで足を延ばす。今年もキサケツバタケが出始めており幼菌を10本ばかり採取、更に初見のツマミタケにも出逢い漸く納得。(写真はツマミタケ)

| | コメント (0)

菜園の恵み(10) サツマイモ

Dsc09492 2009年10月10日(土) 昨日の試し掘りの結果に気を良くし、今日は一畝分のサツモイモを掘り取る。良く畑を耕さずに植えつけたため、土が固くて素直に太れなかったせいか、変に捻じ曲がったものが多い。それでも、紅乙女、べにまさり、こがね千貫(いずれも株式会社花の大和のウィルスフリー苗「おいどん芋」を植え付け)の3品種合せて10㎏ほどの芋を収穫、初年度としては上出来である。早速焼き芋にして試食したが水っぽく甘味が薄い。ふくめ煮やきんとん向きかもしれぬ。(白芋がこがね千貫、左のカブ2本は間引きした聖護院大根)

| | コメント (0)

二色きのこ汁

Dsc09461 2009年10月9日(土) 手賀の丘公園で採取したアイタケと仙台から持ち帰ったアミタケの2種類のきのこを使ってお吸い物を作ってもらいました。本日の夕飯はマツバハリタケの炊き込みご飯に二色きのこ汁、まさにきのこ尽くしのお膳です。旬のきのこを堪能いたしました。

| | コメント (0)

マツバハリタケの炊き込みご飯

Dsc094592009年10月9日(金) 仙台から持ち帰ったマツバハリタケで炊き込みご飯を作ってもらいました。傘の表面に松葉や砂が食い込んでおり洗い落とすのに手間がかかります。傘裏も針だらけで見た目が悪く、決して美味しそうには見えません。しかしながら匂いを嗅ぐと、ヒノキ材のような爽やかな木の香りがあります。炊き込みご飯にしてもこの香りは消えず、食べるほどに美味しく感じるようです。初めて食べましたが癖になりそうな味、上等な食菌であることが分りました。

| | コメント (0)

菜園の恵み(9) サツマイモ試し掘り

Dsc094452009年10月9日(金) 台風一過の秋晴れ、天高く青空広がる。昨日の強雨と大風で菜園の支柱やネットは見るも無残になぎ倒されている。午前中一杯かけて修復作業を行う。サツマイモを試し掘りすると小振りだが立派に芋ができている。持ち帰って家人大好物の焼き芋を作り献上する。甘味は少し足りないがホクホクして美味しいとご満悦の様子、よしよし。今月中旬には全部収穫するつもり。

| | コメント (0)

定点観察・南蒲生海岸(仙台市)

Dsc094282009年10月7日(水) 9:00南蒲生の潮害防備保安林(松林)へきのこ観察に出発。先ず運動公園駐車場に車を入れ貞山堀沿いでクルミ拾い、もう誰かに拾われた後なのか殆ど落ちていない。藪を掻き分け24個見つけるのが精一杯。少し気落ちして深沼の公園駐車場に車を移動、新規まきなおしと松林に分け入る。道で出会った土地の古老の話によると、今年は雨が少なくアミッコもロクショウもさっぱり出ないとのこと、再び出鼻を挫かれる。確かに林内は乾燥しており、論より証拠、きのこ採りの人が全くいない。きのこもなかなか見つからない。いつもの通り往きは海岸側の松原を歩き、帰りは貞山堀沿いを戻る。結局、①アミタケ、②イチョウタケ?、③オウギタケ、④クロカワ、⑤ササタケ、⑥シロオオハラタケ、⑦ドクベニタケ?、⑧フサヒメホウキタケ、⑨ホコリタケ、⑩マツバハリタケ、⑪マメホコリの11種に出逢っただけに終わる。マツバハリタケ1本を試食用に持ち帰る。(写真は⑩)  

| | コメント (0)

三色きのこ汁

Dsc093852009年10月6日(火) 昨日大東岳から持ち帰ったクリタケ、ナラタケ、ムキタケを入れた野趣豊かなきのこ汁を作りました。今回は料理人を連れてきていないので男の手料理です。先ず鍋で湯を沸かし、だしの素と醤油をいれてだし汁を作りました。次に、塩水に浸けて虫出ししたきのこを、だし汁に入れひと煮たてしました。そして、里芋、大根、豚肉コマ切れ、ネギ、玉コンを加えぐつぐつ、最後に味噌で味を整えました。豚汁風三色きのこ汁の完成です。味見すると、きのこからも良いだしが出ており大成功、ムキタケはツルツル喉越しが良く、ナラタケは歯切れも味も良く、クリタケも独特の風味があります。旨い!我ながら良く出来ました。

| | コメント (0)

大東岳で出逢ったきのこ

Dsc092762009年10月5日(月) 仙台に帰省し、山形県境に近い大東岳に登ってブナ林のきのこ観察を行いました(「自惚山人ノオト」の443.大東岳参照)。初見のウスキブナノミタケに出逢い、優秀食菌のクリタケ、ナラタケ、ムキタケを採取するなど実り多い観察行でした。

《観察種》 ①アイバカラハツモドキ、②アカチシオタケ?、③アシナガタケ、④アラゲコベニチャワンタケ?、⑤ウスキブナノミタケ、⑥オツネンタケモドキ、⑦キサマツモドキ、⑧クヌギタケ、⑨Dsc09259クリタケ、⑩サルノコシカケ科不明種、⑪スギエダタケ、⑫ツキヨタケ、⑬ナラタケ、⑭ニガクリタケ、⑮ハイイロイタチタケ、⑯ヒイロガサ、⑰ヒカカゲウラベニタケ?、⑱ブナハリタケ、⑲ホオベニタケ、⑳ムキタケ(写真上はクリタケ、下はムキタケ)

| | コメント (0)

定点観察・手賀の丘公園(柏市)

Dsc091792009年10月3日(土) 幾らなんでもこれだけ降ればもう十分であろう。例年ならアイタケやシロケシメジモドキが出る時期と満を持して手賀の丘公園へ。雨が降ったり止んだりの一日で土曜日なのに来園者の姿もちらほら、絶好のきのこ観察日和となる。ところが肝心のきのこの姿がさっぱり見当たらない。アイタケは1本見つかったが、シロケシメジモドキは影も形もない。土中水分と土中温度、空中湿度と気温、まだまだ条件が整わないようである。
《観察種》 ①アイタケ、②ウスキモリノカサ、③オニタケ、④クサイロハツ、⑤クサウラベニタケ、⑥ケショウハツ、⑦センボンイチメガサ、⑧ツチナメコ、⑨テングタケダマシ、⑩テングツルタケ、⑪ナカグロモリノカサ?、⑫ノウタケ、⑬ヒビワレシロハツ、⑭ベニタケ属、⑮ヤブレベニタケ(写真は①)

| | コメント (0)

アロエベラ

2009年10月2日(金) 戴き物のアロエベラ、どうやって食べればいいのか分らないのでネットで調べました。《下拵え》①適当に輪切りにし、両側の棘の部分を切り落とし、皮を剥く。葉肉は半透明ゼラチン質でヌメリがありべとべとします。②葉肉を沸騰した鍋に入れ3分間茹でる。③冷水にとり、氷を加えて冷やす。④水を張った容器に入れ冷蔵庫に保存する。《レシピ》今回は葉肉を細断しヨーグルト和えにしました。アロエベラは香りも味も殆どないので、砂糖を加えてあります。市販品よりアロエが大きいので独特の食感を十二分に楽しめます。次回は刺身状に切り、鰹節とドレッシングをかけて食べるつもりです。Dsc08996 Dsc09194

| | コメント (0)

定点観察・増尾城址公園(柏市)

Dsc09134 2009年10月1日(木) 秋雨前線が漸く活動を開始し2日間ほどお湿りがあったので半月ぶりにきのこ観察を再開。3週間近くも好天が続いた後なのであの程度の降雨ではまだ不十分とみえきのこの姿は少ない。比較的元気なのはテングタケの仲間とセンボンイチメガサ、広葉樹に発生するセンボンイチメガサを初めて見る。
《観察種》①アカキツネガサ、②カレバキツネタケ、③ガンタケ、④キリンタケ、⑤クサイロハツ、⑥コテングタケモドキ、⑦ザラエノヒトヨタケ?、⑧シロテングタケ、⑨シロニセトマヤタケ、⑩センボンイチメガサ、⑪ニガクリタケ、⑫ヒビワレシロハツ(写真は広葉樹に発生したセンボンイチメガサ)

| | コメント (0)

銀座テアトルシネマ

Dsc09094 2009年9月30日(水) 昨日春日部、今日銀座、明日は陸奥仙台へ・・・、自由人とは忙しいものである。銀座テアトルシネマで上映中の「あの日、欲望の大地で」(原題:The Burning Plain)を観る。昨年の第65回ヴェネチィア国際映画祭出品作品で、「バベル」「21グラム」の脚本家であるギジェルモ・アリエガの監督作品、何よりもシャーリーズ・セロンとキム・ベイシンガーの美人女優競演とくれば見逃せない。と、思って期待して出かけたものの内容はいまいち、現在と過去を行き来するプロット(脚本)を時系列的に眺めれば、平凡な不倫ドラマに過ぎない。Dsc09099 そして、シャーリーズ・セロン(Charlize Theron)が34歳、最もセクシーな女性(2007年、米のエクスワイヤー誌選出)も盛りを過ぎつつあり、キム・ベイシンガーにいたっては55歳、「ネバーセイ・ネバーアゲイン」でボンドガールを演じた面影はもうない。美しく齢を重ねることは美人であっても、否、美人だからこそ難しい。映画の後、近くにある銀座アスター本店で昼食、ランチセットの桂花を注文する。食事後も雨降り止まず、銀ブラを諦め直帰。 

| | コメント (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »