« 坂東十八番札所 立木観音 | トップページ | 高山で出逢ったきのこ »

日光レークサイドホテルの一夜

Dsc09704_22009年10月16日(金) 今日の宿泊先は中禅寺湖畔の日光レークサイドホテル、明治27年(1894)創業の老舗ホテルである。奥日光にOBも利用できる会社の保養所があるので、これまでリゾートホテルとは全く縁がなく、これが初めて物語。16:00にチェックインし湖畔側の223号室に入る。湖畔の湯と名付けられた温泉は本館から50mほどの離れ、昔風の落ち着いた木造浴場である。早速夕食前に一風呂浴びに行く。泉質は含硫黄、カルシウム・ナトリウム炭酸塩泉で、源泉温度78℃、pH6.4とのこと、奥日光ならではの濁り湯である。日帰り入Dsc09709_2浴(1,000円)にやって来る人も多い。夕食はダイニングルーム華厳でフランス料理のフルコース、普段縄文時代の漁労採集生活のような質素な食事をしているので胃腸が吃驚しないとよいが・・・。まあ偶には豪華料理を食べても罰は当たるまい。前菜はコラーゲン入り特性テリーヌ、鴨の燻製、スモーク湯波(①)、スープはコンソメスープ・タピオカ浮かし(②)、魚料理はスズキのポワレ、ヴィネグレットソース蟹添え(③)、口直しが桃のシャーベット(④)、メインは霧降高原牛フィレ肉のポワレ・きのこソース(⑤)、デザートはパッションムースとメープルシフォンケーキに紅茶かコーヒー付き(⑥)、舌を噛みそDsc09711_2うな料理に舌鼓、フランスパンもライ麦パンも美味しく満腹になる。料理長は金子眞一氏、ご馳走様でした。食後再び湖畔の湯へ、今晩は心ゆくまでリゾートホテルライフを楽しむ。(写真は、上段が①、中段が⑤、下段が⑥)    

|

« 坂東十八番札所 立木観音 | トップページ | 高山で出逢ったきのこ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 坂東十八番札所 立木観音 | トップページ | 高山で出逢ったきのこ »