« アロエベラ | トップページ | 大東岳で出逢ったきのこ »

定点観察・手賀の丘公園(柏市)

Dsc091792009年10月3日(土) 幾らなんでもこれだけ降ればもう十分であろう。例年ならアイタケやシロケシメジモドキが出る時期と満を持して手賀の丘公園へ。雨が降ったり止んだりの一日で土曜日なのに来園者の姿もちらほら、絶好のきのこ観察日和となる。ところが肝心のきのこの姿がさっぱり見当たらない。アイタケは1本見つかったが、シロケシメジモドキは影も形もない。土中水分と土中温度、空中湿度と気温、まだまだ条件が整わないようである。
《観察種》 ①アイタケ、②ウスキモリノカサ、③オニタケ、④クサイロハツ、⑤クサウラベニタケ、⑥ケショウハツ、⑦センボンイチメガサ、⑧ツチナメコ、⑨テングタケダマシ、⑩テングツルタケ、⑪ナカグロモリノカサ?、⑫ノウタケ、⑬ヒビワレシロハツ、⑭ベニタケ属、⑮ヤブレベニタケ(写真は①)

|

« アロエベラ | トップページ | 大東岳で出逢ったきのこ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アロエベラ | トップページ | 大東岳で出逢ったきのこ »