« スロベニアのビール | トップページ | 世界遺産「トロギルの歴史地区」と「スプリトの歴史地区」 »

ザダル旧市街

2009年11月18日(水) 腹が空いて4:00起床。そういえば昨夜はビールを飲んで酔っ払い碌なものを食べていない。干し芋を食べて一息つき、お湯を沸かして日本茶をこしらえる。ペットボトルに詰めれば今日の飲み物は準備完了。それにしてもホテルにも観光地にも喧しい中国人や韓国人の団体旅行客が見当たらない。クロアチアは未だ静かで良い。7:00から朝食、リンゴとオレンジとヨーグルトを食べる。8:30出発、今日はアドリア海沿岸を480㎞南下してトロギルへ向かう移動日、途中ザダル旧市街を見物するのが唯一の観光である。どんよりと曇り、天気はぱっとしない。ここイストラ半島はトリュフの名産地でダルメシア犬をお供にきのこ狩りに行くらしい。採掘は許可制で免許を持つもの500人とか、旅行中にせめて匂いくらい嗅いで見たいもの。P1100563沿道の山肌は紅葉の終期、広葉樹の紅や黄に針葉樹の緑と石灰岩の白が入り交じり見事な景色、錦繍ぶりは日本の紅葉に引けをとらない。その上、山間に点在する民家の赤瓦と白壁が紅葉に溶け込み、今日は海霧までも棚引く。幻想的なことこの上ない。 クロアチアの人口は450万人、ネクタイやシャープペンシル、ハートのマークはクロアチアが発祥とのこと、又、有名人には古くは「東方見聞録」の マルコ・ポーロ(自身はヴェネツィア生まれだが、家族がダルマチア地方出身)、最近ではK1&総合格闘技のミルコ・クロコップ選手がいる。そんな添乗員O嬢の話に耳を傾けながら、 窓外を流れる景色に目を向ける。右側は沖合いに島々を浮かべる青いアドリア海、左側はマツの緑を配する白い石灰岩の山、ダルマチア地方の海岸線をバスはひた走る。まさに岬巡り。9:55セニ(Senj)の町でトイレ休憩、皆がカフェに入りトイレを借用しP1110250ている最中に、港の岸壁で釣りを見物する。餌はイカの短冊切り、手釣りで10㎝前後のベラを数尾上げている。見ているうちに20㎝級のキュウセンを釣り上げ嬉しそう、大事に持ち帰るところをみると晩のおかずにでもするのであろう。水は澄んでおり、アイナメやスズメダイのような小魚も沢山泳いでいる。再びバスに乗りO嬢の話に耳を傾ける。クロアチアの産業は農業、漁業、造船業、平均月収は10万円というので生活費は日本の半分くらいか。アドリア海に面する海岸線は1,700㎞に及び、1,100の島があり、内66が有人島など。峠を下ると天気が良くなり陽射しさえ出てくる。幹が真っ白な珍しい針葉樹がある。熊と狼の絵が描かれた道路標識は国立公園の方向を示すもの、クロアチアの自然は豊かである。高速道路はがら空きで快適、時々カルスト地形が剥き出しになり、緑野に石灰岩がボコボコ顔を出す。12:05高速道のPAでトイレ休憩、売店でカルロヴァチコの缶ビールを買う。外気温15℃は今の時期としては異例の暖かさらしい。13:00ダルマチア地方北部の中心都市ザダル(人口7.5万人)の街に入り、レストラン“SABUNJAR”で昼食、P1100613名物のクロアチア風ロールキャベツにドーナッツのデザートを食べる。  カルロヴァチコの小瓶を飲むと12クーナ(240円)、さっきPAで買った缶ビールより安い。裏手の小屋で仔豚の丸焼きを見物、肉食系民族の所業は迫力がある。14:00からザダル旧市街見学、町の起源は紀元前9世紀まで遡り、中世にはヴェネツィアとアドリア海の覇権を競うほどの勢力を誇っていたらしい。旧市街には歴史ある教会群が集まっているが、第二次世界大戦で破壊された後修復されたものが多い。先ずフランシスコ会修道院の中庭に入り回廊を見た後、海岸へ出て波止場でシーオルガンの音色を聴く。P1110253音色を楽しむ筈であったが、今日は海が穏やかすぎる。風が無く波も立たず、幾ら耳を澄ましても何も聞えない。ザダルのシンボル、円形聖堂が印象的な聖ドナト教会、優れた宗教美術コレクションで有名な聖マリア教会・修道院、ダルマチア地方最大の大きさを誇る聖ストシャ大聖堂の順に教会を4箇所梯子、といっても外観を眺めるだけなので造作無い。 ローマ時代の遺跡と云う柱の残欠も転がっている。公衆トイレが全く無いので日本から来ると極めて不便、仕方が無いのでカフェに入りエスプレッソを注文してからトイレを借りる。バスに戻る途中で又も波止場の堤防釣りを見物、P1110255こちらはボラのギャング釣りで尺級を3尾上げている。15:45バスに戻りトロギルへ向かう。16:10日没、アドリア海に浮ぶ島の山端に夕陽が沈む。バスは一般道を猛烈なスピードで飛ばす。160㎞を僅か2時間で走りきり、17:35トロギル近くのメデナホテルに到着、507号室に入る。旧くてばかでかいホテルである。シングルベッドを2台並べただけの簡素な部屋で他の調度品といっては椅子が2脚とTVがあるだけ、TVは9CH入るもののEuro Sportを除けばクロアチア語放送ばかり、ニュース番組などちんぷんかんぷん。とりあえず明日のお茶を作り、ドライブインで購入した缶ビールを飲む。19:00から夕食、煮魚と鶏肉の照焼きが美味。風呂から上ると22:00、疲れたので直ぐにベッドにもぐりこむ。(続く)

|

« スロベニアのビール | トップページ | 世界遺産「トロギルの歴史地区」と「スプリトの歴史地区」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« スロベニアのビール | トップページ | 世界遺産「トロギルの歴史地区」と「スプリトの歴史地区」 »