« 番外 華頂山元慶寺 | トップページ | 定点観察・増尾城址公園(柏市) »

西国十三番札所 石山寺

2009年11月3日(火)Dsc00589 13:35元慶寺から山科駅に戻る。隣の京阪電鉄山科駅から京阪線を利用し 第十三番札所の石山寺へ向かう。浜大津乗り継ぎで14:20石山寺駅着、瀬田川沿いに参道を歩き東大門前に出る。東寺真言宗大本山の石光山石山寺は大寺である。聖武天皇の勅願寺で天平勝宝元年(749)の創建、開基は良弁僧正である。志納所で拝観券を求めて境内に入り、石段を2箇所登って天然記念物の硅灰石の前に出る。この黒々と隆起する奇岩こそ寺名の由来となった石、その左手上に懸下木造建築では我国最古といわれる国宝の石山寺本堂が建つ。正堂は永長元年(1096)の再建で13 礼堂は慶長年間に付けられたもの、本堂に入り 前立ちの大きな如意輪観世音にお参りする。内陣拝観は別料金で500円、仏の道も世知辛い。ご詠歌は「のちのよを、ねがうこころは、かろくとも、ほとけのちかい、おもきいしやま」。般若心経を唱えてから本堂内の納経所で御朱印をいただく。本堂の右手には紫式部が参籠の折、源氏物語の構想を練ったとされる「源氏の間」がある。境内をひと周りする。三十八社権現堂、校倉造の経堂、国宝の多宝塔を経て芭蕉庵、月見亭へと登る。Dsc00625月見亭の建つ丘上から瀬田川と琵琶湖を眺め、最上部の豊浄殿で折り返し、牡丹園、無憂園を回って下山する。東大門を出ると15:40、最早三井寺へ参拝に行くには遅過ぎる。まあ次の機会もあろうと再び瀬田川沿いを歩き石山寺駅に戻る。ちょうど陽が翳ってくる時刻、琵琶湖八景の「夕陽・瀬田石山の清流」とはまさに眼前の景色であろう。再び浜大津乗継ぎで京阪山科駅に出て、JRで京都駅に戻る。駅ビル1階の飲食店街にある食堂アミーチ(Amici)で腹ごしらえしてから、おたべとわらびもちを土産に買う。新都ホテルに戻り、朝クロークに預けた荷物を回収し、ロビーのソファで夜行バスの出発時刻まで休ませてもらう。

|

« 番外 華頂山元慶寺 | トップページ | 定点観察・増尾城址公園(柏市) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 番外 華頂山元慶寺 | トップページ | 定点観察・増尾城址公園(柏市) »