« クロアチアで出逢ったきのこ | トップページ | アドリア海の魚 »

世界遺産「ドブロヴニクの歴史地区」

2009年11月20日(金) 4:50起床、シャワーを浴び洗髪してさっぱりする。ドブロヴニクは今回の旅の最南部、暖かいので下着は半袖半ズボンにする。風呂上りに冷えた缶ビールを一杯、これでは小原庄助さんである。6:00教会の鐘が鳴る。未だ暗い。6:20朝食に下りる。 いつもながら朝食が一番のご馳走とは、ちと情けない。出発まで時間があるのでホテル附近の探訪に出る。ホテルは新港の真前、港の最奥部へぶらぶら歩いて行くと庶民の市場がある。前庭は青果と花卉、奥の建物内で魚を扱っている。果物は、リンゴ、洋梨、ミカン、オレンジ、レモンP1110298、ザクロ、キウイ、バナナ、クリなど、野菜は、ナス、トマト、ニンジン、タマネギ、ホウレンソウ、ネギ、ニンニク、トウガラシ、ジャガイモ、キュウリ、ピーマン、レタス、キャベツ、赤カブ、カリフラワー、ブロッコリー、豆類など、種類は豊富で価格も安い。乾しイチジクもあり、1キログラム600円と格安なので早速購入する。魚市場を覗くと魚の種類も豊富、アジ、イワシ、カツオ、サバにタラ、アンコウ、ヒメジ、クロダイ、チダイ、マトウダイ、さらにカサゴ、ホウボウ、ボラ、イカ、エビ、タコなど日本でも馴染みの魚が並ぶ。見慣れない種類もまた多い。売り手と買い手のやり取りは活気に溢れ、 日本の魚市場で見かける光景と同様である。9:15ドブロヴニクの観光へ出発、今日も朝から上天気で最高の観光日和。バスはまずドブロヴニク北側のスルジ山中腹にある展望台に上る。青い空に青い海、アドリア海に突き出したドブロヴニク旧市街は高い城壁で囲P1110308_2まれ、その中を赤瓦の屋根と白壁の建物がびっしりと埋める。まさに絵になる景色である。10:05西のピレ門から入城する。右手にあるオノフリオ大噴水(1440年建造)を見物してから メインストリートのプラツァ大通りを東上してルジャ広場に至る。広場中央に立つローランの掲揚台(1418年設置)や広場を取り巻くスポンザ宮殿(1520年建造)、時計塔(1428年建立)、聖ブラホ聖堂(14世紀の建立、1715年再建)を眺める。カフェのオープンテラスが広場に張り出し大勢の観光客が一服している。広場を過ぎて旧総督邸(15世紀再建)を眺め、 大聖堂(17世紀再建)でティツィアーノの大作である祭壇画「聖母被昇天」を観賞する。 一見するとドブロヴニクは中世当時の美しい街並をそのまま保っているかのように見えるが、1667年の大地震で建物の殆どが破壊され、1991年の内戦でその多くが損傷を受けている。従って眼前の建物は殆どがP1110312その後修復されたものと思われるが、違和感や不自然さを全く感じない。東側のプロチェ門を出た先のレストランで昼食、海鮮リゾットを食べる。午後はモンテネグロの世界遺産「コトル旧市街」を訪ねるオプショナルツアーが組まれていたが、誰も参加せず結局フリータイムとなる。各自がドブロヴニクを自由に観光し自力でホテルに帰る事になる。13:20から見物再開、 フランシスコ会修道院の中にあるヨーロッパで3番目に古いという薬局を見学してから、ピレ門脇から城壁に登り、一方通行の遊歩道を反時計回りに一周する。城壁は全長が1,940mで最高地点の高さは25mに達するとのこと。城壁に登れば、眼下にはオレンジ色の甍が連なり、背後に白い十字架の立つスルジ山頂が望める。ボカール要塞に進み対岸のロヴリイエナツ要塞を眺める。その先にP1110319は城壁上で営業しているカフェが現れ、城壁下にもアパートメント、家庭菜園、学校などが現れる。世界遺産の町にも住民の地道な暮らしはある。アドリア海の波は穏やかで最先端の岩場には釣り人の姿もちらほら 、暫らく眺めていたが投げ釣りも浮き釣りも当りが遠い。夏は混雑して歩くのもままならないと云う城壁も、オフシーズンの今、しかも午後とあって歩く人は極端に少ない。お陰で絶景を眺めながらゆっくり散歩を楽しめる。聖イヴァン要塞を回りこむとレヴェリン要塞までは旧港を見下ろしながら行く。そこも又眺めが素晴らしい。レヴェリン要塞からミンチェタ要塞までは山側の城壁、右手にスルジ山を眺めながら進む。ミンチェタ要塞は城壁の最高地点、そこから眺める旧市街とアドリア海とロクルム島の配置・配色は完璧、最高の眺めである。もう二度と来ることはあるまいとしっかり目に焼き付ける。登った箇所から城壁を降りるP1110322_2と14:55、一周に1時間半かかったことになる。ピレ門から退場し 歩いてホテルへ帰る。北海道の北見市から参加のN氏とふたりで海沿いの道路をぶらぶら行く。途中右折すべきところを直進してしまいすっかり道に迷う。何度か道を尋ね漸く要領を得て引き返す。クロアチアの若い人は英語が達者である。暗くなる寸前の16:30、何とか宿に辿り着く。部屋でオランダ産の缶ビールBavariaを飲みながらCNNニュースを見ると、英国では大洪水、豪州では大規模な山火事が起きている。夕食には間があるので、近くのスーパーKONZUMへ社会見学に行くと、なんとクラシュのチョコレートがボスニアのスーパーマーケットより安く売られている。???、恐らくあの店は旅行会社御用達の店なのであろう。19:00からホテルのレストランで夕食、魚のフライとフライドチキンは美味。オレンジとリンゴを貰って部屋に戻る。風呂から上ってベッドにもぐり、TVでボクシングを観戦するうち眠くなる。(続く)

|

« クロアチアで出逢ったきのこ | トップページ | アドリア海の魚 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« クロアチアで出逢ったきのこ | トップページ | アドリア海の魚 »