« 菜園の恵み(14) 聖護院大根 | トップページ | 西国十六番札所 音羽山清水寺 »

西国十五番札所 今熊野観音寺

2009年10月31日(土) 6:50京都駅八条口に到着、高速夜行バスのプレミアムシートは横3人掛けで思いのほかゆったり、Dsc00235 フルリクライニングで幅広の座席は飛行機のビジネスクラス並みにくつろげる。とりあえず駅ビル2階のカフェデュモンドで腹ごしらえし、目覚ましにホットコーヒーを飲む。今日は夕方から大津市雄琴温泉のホテルで大学のクラス会があるので、その前に京都市内の西国観音霊場を巡るつもり、番外も含めて七箇所あるが幾つ回れるか。先ずJR奈良線で東福寺駅へ出て第十五番の今熊野観音寺へ向かう。駅から1.3㎞を歩き、泉涌寺(せんにゅうじ)塔頭の今熊野観音寺に9:00到着、早速本堂にお参りする。御本尊は十一面観世音菩薩、秘仏であるが明日から一ヶ月間特別ご開帳を行うとのこと、お寺はその準備で忙しい。Dsc00237何でも西国三十三所のお寺では一千年来初めて全所が揃って、 順次ご本尊のご開帳を行っているとのこと、今年の八月から始まり来年の五月までの予定である。第十番の三室戸寺などは84年ぶりのご開帳とか。「むかしより、たつともしらぬ、いまぐまの、ほとけのちかひ、あらたなりけり」、御詠歌を唱えながら納経所で御朱印を戴く。弘法大師の霊水なる五智水を飲んでから、境内を一巡り、大師堂、西国三十三観音霊場の写し、医聖堂(多宝塔)にもお参りする。今熊野観音寺の正式な山号寺号は新那智山観音寺(真言宗泉涌寺派)、天長年中(824-833)嵯峨帝の勅願建立、開基は弘法大師と伝わる。9:40観音寺を辞し、途中同じく泉涌寺塔頭の戒光寺の丈六の釈迦如来にもお参り、東大路通りを歩いて第十六番の清水寺へ向かう。

|

« 菜園の恵み(14) 聖護院大根 | トップページ | 西国十六番札所 音羽山清水寺 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 菜園の恵み(14) 聖護院大根 | トップページ | 西国十六番札所 音羽山清水寺 »