« 松島ビール | トップページ | キンタケ(金茸)の澄まし汁 »

ハートランドビール

01 2009年11月30日(月) 日本のビール銘柄は、第二第三のビールや発泡性リキュールまで加えれば百種類ほどあるが、その中で最も好きなブランドはと尋ねられれば、迷うことなくK社のハートランドビール(HL)を挙げる。HLは1986年に開発され、当初は六本木のビアホール、「つた館」「穴ぐら」でしか飲めなかったが、翌年4月から全国発売されている。うたかたのように現れては消えるブランドが多い中で、20年以上経った今でも生き残っているところをみると、自分のような根強い固定ファンが全国に沢山いるのであろう。ありがたいことに近所のスーパーBERXの酒売り場に常時置いてあり、飲みたい時にいつでも入手することができる。緑の瓶に浮き彫りされたシンボルマークの「樹と大地」のデザインが良い。そして、何よりもビールの味が良い。麦芽100%ビールにありがちな重さや雑味が無く、温和ですっきりした味わいがある。3杯のんでも尚飲める(Weitertrinken)。商品コンセプトは「素」、まさにこれからの時代にもマッチするビール、いつまでも造り続けて欲しいものである。

|

« 松島ビール | トップページ | キンタケ(金茸)の澄まし汁 »

コメント

「ハートランド」懐かしいですね
お酒の安売り量販店で買い求めている人には探しても 目にはいることはありませんね     \(;゚∇゚)/

投稿: | 2009年12月 2日 (水) 20:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 松島ビール | トップページ | キンタケ(金茸)の澄まし汁 »