« 帰国(リュブリヤナ→フランクフルト→成田) | トップページ | ラキヤ(クロアチア土産その2) »

乾しイチジク(クロアチア土産その1)

Dsc010242009年11月24日(火) 海外土産を選定する私の常なる条件は、「重い」・「嵩張る」・「安価」のAND、その条件に適う品はないかと今回のクロアチア旅行で探し出したものが乾しイチジク、合計4キログラムほど調達してきました。バラ品はおそらく現地産、ボスニア・ヘルツェゴビナのスーパーでは0.5キログラムが24クーナ(480円)、ドブロヴニクの市場では1キログラムが 30クーナ(600円)でした。又、パック詰め品はトルコ産、ボスニア・ヘルツェゴビナのスーパーでは200グラム包装品が16クーナ(320円)、スロベニアのスーパーでは250グラム包装品がDsc010261.6ユーロ(220円)でした。スーツケースに入れたのでは20キログラムの制限重量をオーバーする恐れがあるので、総てリュックに詰めて担いできました。そのお陰で、オーストリアのグラーツ空港の手荷物検査では、余りの重さをいぶかしむ係員の前で、リュックの中身総てを晒す恥ずかしい目にも遭いました。バラ品は自家消費用、1.5キロもあるので冷蔵庫に保存し、大事に食べれば来年まで楽しめそうです。パック品は家人が着物着付け教室の友人に配るらしく、あっという間に召し上げられてしまい、どこぞに姿を消しました。

|

« 帰国(リュブリヤナ→フランクフルト→成田) | トップページ | ラキヤ(クロアチア土産その2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 帰国(リュブリヤナ→フランクフルト→成田) | トップページ | ラキヤ(クロアチア土産その2) »