« 世界遺産「モスタル旧市街」 | トップページ | 世界遺産「プリトヴィッツェ湖群国立公園」 »

クロアチアのビール

P1100769クロアチアの国民酒といえば良質のワインと果実原料の蒸留酒ラキヤであるが、ビールもまた良く飲まれている。1892年創業のオジュイスコ(OZUJSKO)と、1854年創業のカルロヴァチュコ(KARLOVACKO)の2大メーカーがあり、同名ブランドの瓶・缶が販売されている。最も良く飲まれているオジュイスコは、原麦汁濃度11.5%、アルコール分5.2%の熱処理ビールであるが、苦味弱く温和ですっきりしている。カルロヴァチュコは、原麦汁濃度12%、アルコール分5.4%、同じく熱処理ビールで風味もオジュイスコに似ているが、少し雑味があってだれているP1100585分一歩を譲る。旧ユーゴスラヴィア連邦の構成国同士、スロヴェニアのビールと良く似ており、ラベルからは読み取れなかったが恐らく副原料に大麦をつかっているものと思われる。レストランで飲むと、小瓶が240円、中瓶が320円、スーパーで買うと350ミリリットル缶が280円、どうも値決めがよく分からない。  

|

« 世界遺産「モスタル旧市街」 | トップページ | 世界遺産「プリトヴィッツェ湖群国立公園」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 世界遺産「モスタル旧市街」 | トップページ | 世界遺産「プリトヴィッツェ湖群国立公園」 »