« ナワシログミ酒その後 | トップページ | シャトーカミヤ »

定点観察・手賀の丘公園(柏市)

Dsc012612009年12月8日(火) 師走に入り地上生のきのこはめっきり少なくなる。窪地の落葉の蒲団の中でヒメムラサキシメジはまだ頑張っているがそれもそろそろ終わり。昨年までエノキタケやクリタケ、ヒラタケが良く出た切株をチェックして廻るが、もはや栄養が尽きたのか何も出ていない。エノキタケの菌が回っている太い切株を新たに見つけたことで良しとして早々に引き揚げる。
《観察種》 ①エノキタケ、②キツネタケ属、③ヒトヨタケ属、④ヒメムラサキシメジ、⑤ホコリタケ(老菌)、⑥マツカサキノコモドキ、⑦不明種 (写真は④)

|

« ナワシログミ酒その後 | トップページ | シャトーカミヤ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ナワシログミ酒その後 | トップページ | シャトーカミヤ »