« 目黒不動尊 | トップページ | 定点観察・増尾城址公園(柏市) »

シイタケとヒラタケの原木栽培

Dsc01929 2010年2月26日(金) 昨年植え付けたシイタケ(2月2日植菌)とナメコ(3月24日植菌)の原木栽培は一年経った今日でも収穫は皆無、通常二夏経過しないと発生しないようであるがそれにしても気配すらない。次第に自信は失われつつある。それでも継続は力なりとばかり、一昨日増尾城址公園へ行き、最近伐採されたばかりのエゴノキとムクノキ(?)を貰ってくる。90㎝程の長さに切り揃えると原木が6本づつ取れ、それに以前勤めていた会社の先輩から戴いたコナラの原木が5本あるので合計17本、3日掛かりで本日漸く穴あけを完了する。01 早速、名戸ヶ谷のケイヨーD2へ行き、日本農林種菌株式会社(静岡県裾野市)のキノコのタネ・しいたけと同・ひらたけの2袋を購入、どちらも598円で棒型の種駒200個入りである。コナラの原木にはシイタケの種駒、エゴノキとムクノキ(?)の原木にはヒラタケの種駒を打ち込む。バンクーバー五輪女子フィギュアフリーの演技を観戦しながらなのでなかなか捗らなかったが、雨が本降りになる前に作業を終え、敷地北側の塀際に仮伏せする。エゴノキはヒラタケ栽培最適の原木であり、コナラはシイタケ栽培に最適なので今度こそ期待できる。これまで電気ドリル2台と種駒代で1万円近くも投資しており、幾ら趣味と云い道楽といっても少しは元を取らねば。(写真中央がエゴノキ、左がコナラ、右がムクノキ?)

|

« 目黒不動尊 | トップページ | 定点観察・増尾城址公園(柏市) »

コメント

原木が豊富でいいですね☆

投稿: 空想 | 2013年11月10日 (日) 20:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 目黒不動尊 | トップページ | 定点観察・増尾城址公園(柏市) »