« 粟又の滝(高滝) | トップページ | 定点観察・増尾城址公園(柏市) »

元清澄山の春シイタケ

Dsc020782010年3月13日(土) 清澄寺バス停から山頂の往復15㎞、4時間半を越える歩行中に出逢ったきのこはアミヒラタケ(或いはタマチョレイタケ)、シイタケ、ツガサルノコシカケの僅か3種類であったが、最近の雨と南房総の温暖な気候が春シイタケの出芽を促したようで、倒木や落枝に傘を重ねる若いシイタケを次々に見つける。極め付きは、谷側に倒れ掛かった2本の太い倒木にびっしり生えた100個を越えるシイタケの大群生、初めて見る壮観に息を呑む。足場が悪く一歩間違えば千尋の谷に真っ逆さま、潅木に掴まりながら倒木の下に回りこみ、手を伸ばしできるだけ採集する。大きなレジ袋一杯の大収穫、大きいものはバター焼き、中小型は乾しシイタケにする積り、春山の恵みに乾杯!

|

« 粟又の滝(高滝) | トップページ | 定点観察・増尾城址公園(柏市) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 粟又の滝(高滝) | トップページ | 定点観察・増尾城址公園(柏市) »