« シイタケとヒラタケの原木栽培 | トップページ | 火曜日毎のホッキ飯 »

定点観察・増尾城址公園(柏市)

Dsc019402010年3月2日(火) 先週のぽかぽか陽気とたっぷりの雨に誘われて、何か目新しいきのこが出ているかもと又も増尾城址公園へ出かける。今日は真冬のような寒さに逆戻り、午後の公園には人影とてない。観察したきのこは、エノキタケ、クロハナビラニカワタケ、ヒラタケ、ベニタケ属、ホコリタケの5種類、ベニタケの仲間とホコリタケは時ならぬ暖かさに誘発されたもののようである。ヒラタケが生えていた腐朽木には幼菌がびっしり附いており、手ごろな長さと重さだしで自宅に持ち帰る。毎日水かけして幼菌を上手く育てれば、天然ヒラタケが居ながらにして手に入るかも、俄然後楽が増える。(写真はヒラタケ)

|

« シイタケとヒラタケの原木栽培 | トップページ | 火曜日毎のホッキ飯 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« シイタケとヒラタケの原木栽培 | トップページ | 火曜日毎のホッキ飯 »