« レオポルド美術館とウィーンの森 | トップページ | ハプスブルク家王宮とカフェ・モーツァルト »

レオポルド美術館(ウィーン市)

Seated_woman2010年4月18日(日) ウィーン世紀末派を代表する画家、エゴン・シーレ(1890-1918)の作品収蔵数では世界一を誇る美術館。然しながら、エゴン・シーレ(Egon Schiele)の絵は暗く退廃的であり、個人的には余り好きになれない。

《Seated Woman with Left Leg Drawn Up》

(プラハ国立美術館蔵)

|

« レオポルド美術館とウィーンの森 | トップページ | ハプスブルク家王宮とカフェ・モーツァルト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« レオポルド美術館とウィーンの森 | トップページ | ハプスブルク家王宮とカフェ・モーツァルト »