« 定点観察・手賀の丘公園(柏市) | トップページ | 奥州須賀川総鎮守・神炊館神社 »

茨城県天心記念五浦美術館

2010年3月30日(火) 所用があり仙台に帰省する途次、北茨城市にある茨城県立五浦美術館に立ち寄る。Dsc02374入館料が180円と格安、県立とはいえ何と良心的な値決めであることか。常設の岡倉天心記念室が充実しており、そこには近代日本美術の発展に大きな功績を残した天心の生涯年表とともに、著作、書簡、愛用品などの関連資料が豊富に展示されている。なかでも、インドの女流詩人プリヤンバダ・デーヴィ・ヴァネルジーとの往復書簡(淡い恋文?)や、亡くなる一年余り前に認められたと云う、家族への財産分与を記した遺言状は興味深い。日本美術院の五浦時代に天心の指導を受けた画家、横山大観、下村観山、菱田春草、木村武山の作品も、1点づつではあるが同室に展示されている。「現代日本画家の情熱」と題する所蔵品展は、茨城県が再興日本美術院展覧会(再興院展)に提供している天心記念茨城賞を受賞した画家の作品を中心に展示したもの、又、「開窯40周年 ゲルト・クナッパー・オブジェ展」と題するギャラリー展は、大子町に35年前から登り窯とアトリエを構えるドイツ人陶芸家GERD KNAEPPER氏の作品を展示したもの、どちらも一通り観賞してから美術館を後にする。

|

« 定点観察・手賀の丘公園(柏市) | トップページ | 奥州須賀川総鎮守・神炊館神社 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 定点観察・手賀の丘公園(柏市) | トップページ | 奥州須賀川総鎮守・神炊館神社 »