« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

七月大歌舞伎

2010年7月23日(金) 標Dsc04059記の招待券を戴いたので、午後から家人のお供で16年ぶりの歌舞伎見物に出かける。場所は新橋演舞場、北千住で銀座線に乗り換え東銀座駅へ。今日も猛烈に暑く、5分も歩くとくらくらする。この炎天下に芝居見物に出てくる酔狂な御仁は多くあるまいと思いながら会場に到着すると、あにはからんや、熱烈なファンが炎天下をものともせず長蛇の列を作っている。いやはや、恐れ入りました。16:30開演、演目は、「暫(しばらく)」、「傾城反魂香(けいせいはんごんこう)」、「馬盗人(うまぬすびと)」の三本立て、主役は夫々、 市川團十郎(成田屋)、中村吉右衛門(播磨屋)、坂東三津五郎(大和屋)と歌舞伎界のスーパースター揃いである。個人的には荒事ものである「暫」が一番楽しめたが、単に順序効果ということかもしれず、Dsc04065 門外漢が三本続けて観るには聊かの辛抱と努力が要る。それなのに、役者が見得を切る場面では客席の大向こうから「ナリタヤッ!」、「ハリマヤッ!」、「ヤマトヤッ!」などと、実にタイミング良く掛け声がかかる。本物のファンは役者に惚れて通うものらしい。座席は一階8列5番と6番、花道の傍であり、舞台も役者も誠に良く見える。それにしても大仰な衣装と化粧、そして誇張された演技であることよ。長く見ると疲れてしまう。脇役(?)の囃子方(陰囃子)、出語り、出囃子、長唄連中、黒衣(くろご)なども熟達の技芸、下手をすると役者以上に見応え、聴き応えがある。幕間は約30分、ロビーに出て弁当を食べたり、コーヒーを飲んだりする。20:20終演のお疲れ様。

| | コメント (0)

菜園の恵み(24) カボチャ他

Dsc04010 2010年7月23日(金) 9日連続の真夏日、昨日は猛暑観測地点が144箇所に拡大し、最高気温は岐阜県多治見市の39.4度、まさに殺人的酷暑である。連日、一日3回の畑の灌水に追われて疲労困憊の体であるが、そのお陰で今年の夏野菜は絶好調、特にキュウリが大豊作で、浅漬け、オイキムチ、酢のもの、サラダなどで毎日どんぶり二杯づつ食べても余るほど。ミニトマトは黄色種を選んだのが功を奏し、ネットをかけなくても鳥の食害に全く遭わない。人間の眼でも完熟時期を見定めるのは難しいが、鳥の目には未熟果と映るのであろう。カボチャは二個目の収穫、ヘタに枯れた感じの縞模様が現れると収穫時らしいが、その意味では少しフライング気味、それでも若いカボチャの方が甘く煮ると軟らかくて美味しい。

| | コメント (0)

定点観察・増尾城址公園(柏市)

Dsc039812010年7月20日(火) 朝からカンカン照り、全国73地点で猛暑日を記録、最高は伊勢崎市の38度。朝、昼、晩の三回畑へ灌水に行く。20リットルのポリタンク2本づつ運ぶ重労働。午後、その合間を縫って増尾城址公園できのこ観察。木立の中は幾分涼しい。7日連続の真夏日とあって傷んだきのこが多かったが、観察できたのは以下の32種、初見のオオヤシャイグチとクロコタマゴテングタケに出合い大満足。
《観察種》 1.ウスキモリノカサ、2.ウラベニガサ、3.オオツエタケ、4.オオツルタケ、5.オオヤシャイグチ、6.オキナクサハツ、7.ガンタケ、8.キアミアシイグチ、9.キクバナイグチ、10.キリンタケ、11.クサイロハツ、12.クリイロイグチモドキ、13.クリカワヤシャイグチ、14.クロコタマゴテングタケ、15.クロハツモドキ、16.ケショウハツ、17.コウモリタケ、18.コテングタケモドキ、19.スミゾメヤマイグチ、20.チャニガイグチ?、21.ツヤウチワタケ、22.テングタケ、23.ナカグロモリノカサ、24.ヒビワレシロハツ、25.ヒロハチチタケ、26.ベニタケ属(カレバハツ?)、27.ベニタケ属(ヤブレキチャハツ?)、28.ベニタケ属、29.ミドリニガイグチ、30.ムラサキヤマドリタケ、31.ヤブレベニタケ、32.不明種(タコウキン科?)(写真はオオヤシャイグチ)

| | コメント (0)

心太(ところてん)

Dsc03889 2010年7月19日(月) 家人のお供を仰せつかり運転手兼ポーター役で柏駅前の高島屋へ行ったところ、伊豆名物と云うところてんを見つけました。昔から日本の夏を代表する食べ物、日本人なら暑気払いにこれを食べねばと早速買い求めました。さて、ここからが問題、郷里仙台ではところてんに酢と醤油と砂糖をかけて食べますが、関東では酢醤油と芥子を加えるのが一般的らしく、食べ方で家人とひと悶着、「甘いところてんなど気持ちが悪い」とまで言われては立つ瀬がありません。まあ、3パック6人前あるので各自好きなように食べれば良いだけですが・・・、将来見捨てられないように、我慢して、目を瞑って、芥子入りところてんを食べようかと迷っている私です。製造元は(有)大新(浜松市中区新津町538)、1パックは475円でしたが3パックだと1,050円と割安でした。

| | コメント (0)

菜園の恵み(23) ゴーヤ他

Dsc038822010年7月17日(土) 本日、関東梅雨明け。世間は今日から3連休だが、高速道の渋滞を思うと出かける気力がいまいち湧かない。朝と夕方の2回、菜園へ灌水に行っただけで終日エアコンの効いた居間に籠もり読書、小川国夫作の「悲しみの港」を読み終える。収穫物の中のゴーヤは初もの、夏バテ防止にゴーヤ入りカレーライスを食べたいけれどもどう切り出したものか・・、それが駄目ならニラがたっぷり入った餃子でも良いのだが・・。

| | コメント (0)

定点観察・蓮沼海浜公園(山武市)

Dsc038232010年7月11日(日) 梅雨の最中の海岸林(クロマツ林)のきのこ観察に蓮沼海浜公園へ出かける。いつのまにか観察コースのど真ん中に防火帯のような切り開きが出来ておりフィールドはすっかり様変わり、伐木のクロマツが切り開きの両側に散らばり非常に歩きにくい。また、遊歩道でも作るのかもしれない。お陰できのこもさっぱり、オオホウライタケとベニタケの仲間くらいしか見つからない。
《観察種》 ①アンズタケ、②オオホウライタケ、③クサハツ、④ニオイコベニタケ、⑤ベニタケ属(チシオタケ?)、⑥ベニタケ属(ドクベニタケ?)、⑦、⑧ベニタケ属不明種、⑨ヤグラタケ(写真は⑤)

| | コメント (0)

菜園の恵み(22) ズッキーニ他

Dsc037892010年7月9日(金) 夏野菜が順調に育っています。今日はキュウリ、ジャンボオクラ、ズッキーニ、ナス、ニラ、ミニトマトを収穫しました。キュウリは浅漬け、ジャンボオクラは刻んで納豆和え、ズッキーニはたぶん和風野菜煮込(家人にラタトゥユを作って欲しいと言ったら、即座に却下されました)、ナスもキュウリと一緒に浅漬け、ニラはギョウザの具にするか卵とじ、ミニトマトは生食かサラダになると思います。このところ文字通りの晴耕雨読の生活を続けております。

| | コメント (0)

しま甘露

Dsc037812010年7月7日(水) 種子島焼酎のしまかんろ、近所に住む種子島御出身の方に戴きました。種子島産サツマイモの黄金千貫と白豊のみを使用して造られた所謂芋焼酎でアルコール分は25度、芋の香りとほのかな甘味がありまろやかです。普段、焼酎は余り飲みませんが、今の時期、エアコンを効かした部屋でやるお湯割りも悪くありません。箱には、「一酌千憂散、三杯萬事空」と、盛唐の詩人・賈至(かし)の漢詩「對酒曲」の一節が記載されており、唐詩をじっくり読みたくなりました。製造元は鹿児島県西之表市の高崎酒造株式会社(℡:0997-22-0707)、楽天市場等でも購入できるようです。

| | コメント (0)

七月の家庭菜園

Dsc037642010年7月6日(火) 現在、我が家の菜園で栽培している野菜は、アーティチョーク、イチゴ、エンサイ、オクラ、カボチャ、キュウリ、ゴーヤ、サツマイモ、サトイモ、シソ、ジャガイモ、食用ホオズキ、ズッキーニ、セロリ、ツルムラサキ、トウガラシ、ドジョウインゲン、トマト、ナス、ニラ、ミョウガ、モロッコインゲン、モロヘイヤ、ヤマイモの24種類であります。その中で収穫出来るものは、キュウリ、シソ、ズッキーニ、セロリ、トマト、ナス、ニラ、モロヘイヤの8種類、2年目を迎え大分成績がよくなりました。(写真はアーティチョーク)  

| | コメント (0)

ヤマモモジャム

Dsc037122010年7月1日(木) 再び城址公園へヤマモモの実を採りに行く。生り年なのかたわわに実っているが、他に誰も取る人はいない。熟す傍から落果しては公園を通る人に踏み潰されている。カラスも小鳥も食べに来ないのが不思議、ヒヨドリは既に北海道へ渡ったのであろうか。1キログラムほど採取し持ち帰る。へたを除き水洗いしてから鍋に入れ、少量の水を加えて煮る。ヘラで潰しながら良く煮込み、金網ザルで濾過し、裏漉しもして果汁を搾る。果汁に砂糖を加え弱火でじっくり煮詰める。ヤマモモはペクチンが少ない(無い)のか粘度が上がらず、なかなかジャム状にならない。それでも、うっとりするような良い匂いがする。ヨーグルトソース向きと思われる(冷蔵庫に入れたら固まりました)。

| | コメント (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »