« シソ巻き | トップページ | 水引入道(南蔵王)で出逢った花 »

定点観察・南蒲生防潮林(仙台市)

Dsc043912010年8月16日(月) 今日も全国的に猛暑、134箇所の観測地点で35℃以上を記録。仙台の最高気温は31℃、関東に較べれば涼しく、昨日雨も降ったので南蒲生の松林へきのこ観察に行く。今の時期、クロマツ林にきのこの種類は少なく、モリノカレバタケ属と思われる小さなきのこが菌輪を形成しているのが目立つ程度。
《観察種》 ①オオホウライタケ、②コフキサルノコシカケ、③シロハツ、④ヒメカナイロタケ、⑤ベニタケ属、⑥マツオウジ、⑦モリノカレバタケ属(アマタケ?)、⑧モリノカレバタケ属(モリノカレバタケ?)(写真は⑥) 

|

« シソ巻き | トップページ | 水引入道(南蔵王)で出逢った花 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« シソ巻き | トップページ | 水引入道(南蔵王)で出逢った花 »