« 青イチジクの甘露煮 | トップページ | 奥日光で出逢ったきのこ(Ⅱ) »

定点観察・向小金ふるさとの森(流山市)

Dsc052032010年9月28日(火) 終日雨、午後小降りになった折を見計らい近所の森へきのこ観察に行く。前回は6月30日だから略3箇月ぶり、この間何度か散策には行っているが、猛暑期間中は1本のきのこにもお目にかかれず。それが今日のフィールドは様変わり、ウスキテングタケとムラサキヤマドリタケが爆発している。このところの降雨と気温低下とで、色々なきのこの蕾が地中から出てくる気配、今後が楽しみである。
《観察種》 ①アカキツネガサ、②ウスキテングタケ、③ガンタケ、④クサイロハツ、⑤テングタケ、⑥ドウシンタケ、⑦ノウタケ、⑧ハラタケモドキ?、⑨ヒトヨタケ科、⑩ムラサキヤマドリタケ (写真は⑥)

|

« 青イチジクの甘露煮 | トップページ | 奥日光で出逢ったきのこ(Ⅱ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 青イチジクの甘露煮 | トップページ | 奥日光で出逢ったきのこ(Ⅱ) »