« 薬萊山で出逢ったきのこ | トップページ | 定点観察・南蒲生防潮林(仙台市) »

達居森(たっこもり)で出逢ったきのこ

Dsc049122010年9月20日(月) 低山なれども熊が生息するほど自然度が高い山、船形連峰の前山であり山は深い。ここも最近の雨が誘発したのか落葉分解菌のモリノカレバタケ属と思われる複数種のきのこが花盛り、中には菌輪を形成しているものもある。きのこの種類は少なかったものの、初見のセイタカイグチ2本に出逢えたことで良しとする。
《観察種》 ①ウスヒラタケ、②カワラタケ、③クロコタマゴテングタケ、④ザラエノハラタケ、⑤セイタカイグチ、⑥ニクウスバタケ、⑦⑧⑨モリノカレバタケ属(写真は⑤)

|

« 薬萊山で出逢ったきのこ | トップページ | 定点観察・南蒲生防潮林(仙台市) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 薬萊山で出逢ったきのこ | トップページ | 定点観察・南蒲生防潮林(仙台市) »