« エビヅル酒 | トップページ | キタマゴタケ »

定点観察・向小金ふるさとの森(流山市)

Dsc065662010年10月23日(土) 近所の森の散歩ついでにきのこ観察。森の中にはケショウハツが氾濫し、カブトムシ臭が一面に漂う。他で目立つのはオオヤシャイグチ、増尾城址公園でも何本か見かけたが、この森にも多い。今年は当たり年なのか、今日は3本も見つかる。それにしても発生場所は例外なく斜面、傾斜地を好むきのこである。後は、ヒポミケスキンに寄生されてタケリタケになりかかっているようなガンタケ(?)と、シロオニタケ(?)の幼菌、これらは継続的観察が入用。
《観察種》 ①オオヤシャイグチ、②ケショウハツ、③シロオニタケ?、④シロニセトマヤタケ、⑤タケリタケ?、⑥テングタケ、⑦ナラタケ、⑧ニセヒメチチタケ、⑨ヒメカタショウロ?(写真は⑧)

|

« エビヅル酒 | トップページ | キタマゴタケ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« エビヅル酒 | トップページ | キタマゴタケ »