« ハタケシメジ | トップページ | ヤマモモ酒その後 »

定点観察・蓮沼海浜公園

Dsc067212010年10月29日(金) たっぷりの雨が降り、冷え込んでもきたので、きのこ狩りの季節到来と蓮沼海浜公園の松林を覗きに行く。10:40水の広場駐車場着。今夏の猛暑でクロマツが痛めつけられたようで、一段と松食い虫による松枯れが進行し、林の中は荒んでいる。共生相手のクロマツが弱ればアミタケやハツタケなどの菌根菌がダメージを受けるのは道理、これはもう茸狩りは駄目かもしれない。ヤブ蚊の襲撃が凄まじく、茸の種類も未だに晩夏モード、発生量も少ない。出始めのアミタケをほんの少しと、代替に完熟のガマズミの実をどっさり採取し、1時間ほどで引き揚げる。
《観察種》 ①アミタケ、②アンズタケ、③ウスキモリノカサ、④オウギタケ、⑤クロハツ、⑥サクラタケ、⑦サマツモドキ、⑧スナジアセタケ?、⑨タマゴテングタケモドキ?、⑩チャツムタケ属、⑪ノウタケ、⑫ベニタケ属(ドクベニタケ?)、⑬ホコリタケ、⑭ヤグラタケ (写真は⑭)

|

« ハタケシメジ | トップページ | ヤマモモ酒その後 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ハタケシメジ | トップページ | ヤマモモ酒その後 »