« アカモミタケ | トップページ | クルミ味噌 »

シイタケ栽培その後

Dsc069652010年11月5日(金) 昨年の1月下旬にシイタケ菌を植え付け、ふた夏を越したシラカシの原木にとうとうと云うか、ようやくと云うか、やっとシイタケが発生する。3本の原木全てに幼菌が発生しているが、まともに育ったのは1本だけで、あとは頭をナメクジに齧られてしまっている。まあ、ここまでくれば一安心、来春はもっとどっさり出るだろうし、今後数年間は発生を楽しめる。同時に植菌したサクラ、ニセアカシア、ミズキ?(2009年2月2日記事参照)には、今のところ気配はなく、樹種により向き不向きがあるらしい。尚、諦めずに粘り強く観察を続けるつもり。

|

« アカモミタケ | トップページ | クルミ味噌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アカモミタケ | トップページ | クルミ味噌 »