« 世界文化遺産「古都パタン」 | トップページ | ナメコ栽培その後 »

帰国(カトマンドゥ→バンコク→成田)

2010年11月23日(火) 6:00起床、グループ中16名はエヴェレストの遊覧飛行に出発する時間である。P1130845 昨夜のサクロンが効いたものか胸のむかつきは失せる。 7:15朝食に行く。ホテルの敷地内は街中の喧騒とは無縁、まるで別世界、東京で言えば皇居の中のようである。指定された食堂のテーブル席は既に欧米人の団体客で満席、やむなくカウンターに座る。食欲も回復し、蒸しパン、ベーコン、バナナなど食べる。コーヒーが旨い。結局、エヴェレスト遊覧飛行は離陸態勢にまで入ったものの中止になったとのこと、試験飛行の結果、雲が多く視界不良という事らしい。皆がっかりして戻ってくる。そのお陰でホテル出発が30分早まったが、尚2時間以上あるのでインターネットルームで時間潰しを図る。ところが1時間8ドルと有料、ポカラのホテルは無料で使い放題だったのに比べここはサービスが悪い。10:00空港P1130331 へ向け出発、いよいよ帰国の途につく。10:30トリブヴァン国際空港着、1週間お世話になった現地ガイドのビニータさんと別れる。タイ国際航空のカウンターにSCを預け搭乗券を受け取る。TG320便、46K席は窓側、13:20出発ロビーに入る。ネパールは国際線ターミナルビルのトイレもC級である。14:15やっと搭乗、ボーイング777-200型機の座席はほぼ満席。15:00離陸、急角度で上昇する窓外にカトマンドゥの街、カトマンドゥ盆地、ヒマラヤの雪嶺が見える。これが見納めかも。バンコク(BKK)時間に合わせ時計の針を1時間15分進める。直ぐに飲み物サービスがあり、再びシンハービールを飲む。17:45食事サービス、食事は断りコーヒーのみ飲む。19:08スワンナブーム国際空港に着陸、空気が清浄であり、呼吸がぐんと楽になる。乗り継ぎ便の搭乗まで3時間もあるので免税店で土産物を物色する。結局、ドライフルーツを20袋(マンゴー10袋、パパイア10袋、ミックス5袋)購入する。支払いは9,000円ほど、リュックがずっしり重くなる。22:10漸くTG640便に搭乗、70A席は最後尾の窓側であるが横2人掛けなので助かる。ボーイング747-400型機の座席もほぼ満席、個人用TVは残念ながら付いていない。仕方がないので読売新聞と週刊新潮を隅々まで読む。まあ、あと5時間の辛抱である。(完)

|

« 世界文化遺産「古都パタン」 | トップページ | ナメコ栽培その後 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 世界文化遺産「古都パタン」 | トップページ | ナメコ栽培その後 »