« エノキタケ(その2) | トップページ | 原木栽培シイタケ(1) »

ホキ美術館

012010年12月17日(金) 先月開館したばかりの千葉市緑区にあるホキ美術館の見学へ。ホキ美術館の売り(USP)は、日本初の写実絵画専門美術館ということ、館長保木将夫氏(東証一部上場企業の㈱ホギメディカルの創業者)が収集した現代写実絵画300点のコレクションの中から、常時160点を展示する。最寄り駅はJR土気駅、柏から60㎞あり車でたっぷり2時間かかる。建物は非常にユニーク、地上階と地下二階からなる三層構造の長い回廊型ギャラリーで、地上階の一部30mは空中に突き出している。西麻布「アルポルト」の片岡護シェフがプロデュースする本格的イタリアレストラン「はなう」は大盛況、平日の今日でも2時間待ちの長蛇の列で昼食を諦める。肝心の写実絵画なる作品は、ちょうど「モデル撮影会の写真群でも観るような」感じを受けたが・・、門外漢の自分としてはこれ以上のコメントを差し控える。

|

« エノキタケ(その2) | トップページ | 原木栽培シイタケ(1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« エノキタケ(その2) | トップページ | 原木栽培シイタケ(1) »