« 竹久夢二美術館 | トップページ | バガン遺跡 »

神秘の国ミャンマー周遊6日間

2011年2月27日(日) 5:25起床。6:20妻に南柏駅まで車で送ってもらう。我孫子発7:05、成田発8:13と乗り継いで8:20空港第2ビル3階に到着。トラピックスの受付カウンターでミャンマーの国際線空港税10ドルを支払いeチケット(控)を受け取る。P1150666ベトナム航空(VN)のカウンターにスーツケース(SC)を預け、通路側座席を申し込む。 りそな銀行出張所で10,000円を米ドルに両替する(レート84.65円)。出国審査を済ませ、自販機で三井住友海上火災の海外旅行保険に加入、アジア6日間の保険料は4,000円。VN955便ハノイ行きに10:20搭乗、機種はAIRBUS A330-200型、個人端末付きの新しい機体である。後方には空席が目立ち隣の2席も空席、お陰でゆったりくつろげる。先ずはハノイまで5時間40分の空の旅、直ぐにおしぼりと新聞がサービスされる。11:20離陸、飲み物サービスで缶ビール(Carlsberg)をもらい、川喜多二郎著「ネパール王国探検期」を読む。P1140807昼食は和食を選び、サバの味噌煮と茶そばを食べる。味はなかなか良い。16:40ハノイ国際空港に着陸、外気温が26℃もありむっとする。ヤッケとセーターを脱いだがそれでも暑い。添乗員のKさんがグループチェックインをしている間に乗り継ぎロビーをうろうろ、節電しているのか照明が暗い。ロビーにはディオールやシャネルなど一流ブランド店が並ぶが開店休業状態、閑散としている。小さい空港で搭乗ゲートは1番から9番までしかない。確か5年前(2006年10月)のベトナム旅行の際にもこの空港を利用した覚えがあるが、当時の記憶は殆ど失われている。 VN701便ヤンゴン行きに搭乗し18:35離陸、入国カードと税関申告書を手渡され早速記入する。今度は銘柄の異なる缶ビール、ハリダ(HALIDA)を飲む。軽食も出る。 20:20(現地時間17:50)P1140814黄昏のヤンゴン国際空港に到着、日本との時差は2時間30分、カシオの腕時計プロトレックをワールドタイム機能でヤンゴン(RGN)に合わせる。外はハノイよりずっと蒸し暑い。空港ビルは寺院を思わせる外観、真新しくトイレも清潔である。21:05(同18:35)迎えのバスに乗る。車中には蚊が多い。現地スルーガイドのモンモンウー(略してモウ)さんは日本語ペラペラ、聞けば渋谷にある国連大学に3年間?留学していたとのこと、本業は税理士らしい。今回のグループは全部で11名、夫婦2組と一人参加が7名(男性5、女性2)でこれぐらいの人数がベスト。バスは日本製の中型の中古車で後部座席にSCを積むと11名でも余裕は無い。現地旅行会社のミャンマーポールスタートラベル&ツアー社よりロンヂー(巻きスカート)、シャンバッグ、ゾウリの3点セットをプレゼントされる。21:30(同19:00)市中のROYAL THAZIN RESTAURANTでミャンマー料理の夕食。スープ、サラダ、鶏と牛肉の煮込み、P1150669ご飯、果物、紅茶が出たが、サラダとカットフルーツは念のため食べるのを控える。食事中、モウさん銀行で50米ドルを現地通貨チャット(Kyat)に両替してもらい41,000Kを受け取る。10Kが1円の勘定なので計算は楽。23:00(同20:30)チャトリウムホテル・ヤンゴン着、536号室に入る。旧称はニッコー・ロイヤル・レイク・ヤンゴン、現在はJALからタイ資本の経営に変っている。五ツ星の高級ホテルだけあって部屋は広く、チーク材をふんだんに使った内装が好ましい。ダブルベッドが2台、浴槽とシャワールムは独立している。TVはシャープ製、NHKは5CHで入る。アメニティも充実、ミネラルウォーター(MW)500ミリリットル2本のほか電気ポット・コーヒー・紅茶・緑茶のセット、スリッパや歯ブラシまで付いている。歯磨きは念のためMWで行う。風呂から上ると24:30(同22:00)、明日のモーニングコール(MC)は4:00なので早く寝ないと・・。(続く)

|

« 竹久夢二美術館 | トップページ | バガン遺跡 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 竹久夢二美術館 | トップページ | バガン遺跡 »