« 平群天神社(へぐりてんじんしゃ) | トップページ | 千光山清澄寺(せいちょうじ) »

かきもち作り

Dsc07594 2011年2月3日(木) 在庫がなくなったので納戸からタイガー餅つき機(90年製)を引っ張り出しかきもち作り、5㎏のもち米を2回に分けて搗く。今回はゴマ入り。昨日、家人と二人がかりで夜中の12時近くまでかかり、薄く薄く切り分ける。なるべく薄い方が揚げ餅にしても焼き餅にしても芯が残らず美味しく食べられる。厚さ2mmくらいがベスト、軟らか過ぎず硬過ぎずの切り出しタイミングを掴むのがなかなか難しく、又、1,000枚以上に及ぶので非常な労力と根気が要る。今日、部屋に敷いた紙の上に広げて陰干し開始、10日ほどで保存性抜群のかきもちが出来上がる。これで暫らくは安心。

|

« 平群天神社(へぐりてんじんしゃ) | トップページ | 千光山清澄寺(せいちょうじ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 平群天神社(へぐりてんじんしゃ) | トップページ | 千光山清澄寺(せいちょうじ) »