« 彦根城 | トップページ | 西国三十一番札所 姨綺耶山長命寺(天台系単立) »

西国三十二番札所 繖山観音正寺(天台宗一単立)

Dsc082942011年5月15日(日) 彦根から安土町にある観音正寺までは一般道で約20㎞、西国一の難所と云われる石寺からの表参道歩きを敬遠し、狭い曲りくねった有料林道(400円)を車で上がり9:10駐車場着。そこから裏参道を570m歩くと境内に入り近江平野の早緑の水郷地帯を眼下に一望することが出来る。平成十六年(2004)に再建されたばかりの本堂は真新しく清々しい。早速本堂に上がり御本尊の千手千眼観世音菩薩像にお参りし、延命十句観音経を唱える。「観世音 南無佛 與佛有因 與佛有縁 佛法僧縁 常楽我浄 朝念観世音 暮念観世音 念念従心起 念念不離心」。それにしても大きな(丈32六?)観音様である。御詠歌は「あなとうと みちびきたまえ かんのんじ とおきくにより はこぶあゆみを」。納経所で御朱印を受けてから直ぐに駐車場に戻り、近江八幡市にある第三十一番札所長命寺へと向かう。

|

« 彦根城 | トップページ | 西国三十一番札所 姨綺耶山長命寺(天台系単立) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 彦根城 | トップページ | 西国三十一番札所 姨綺耶山長命寺(天台系単立) »